2021年 1月 16日 (土)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 
「大統領は結果的に煽った」ある共和党支持者の思い

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「トランプ大統領は結果的に、支持者を煽った」。米議会議事堂乱入事件(2021年1月6日)の5日後、その周辺の様子を見に来ていた元海軍兵のトム・ジョーンズは、事件に対する思いを率直に私に語った。

  • インタビューに答えるトム・ジョーンズ氏(2021年1月、筆者撮影)
    インタビューに答えるトム・ジョーンズ氏(2021年1月、筆者撮影)
  • インタビューに答えるトム・ジョーンズ氏(2021年1月、筆者撮影)

「ごく一部の行為で、彼ら全体が非難される」

   トム(70)のマスクとジャケットには、「NAVY(海軍)」と書かれている。服も全身、ネイビーブルーだ。

   30年間、海軍に勤務し、日本の三沢、厚木、岩国、沖縄などの米軍基地での勤務経験もある。その後、ジョージ・ブッシュ政権下で国防省に所属していた。

   3年前にワシントンからフロリダ州ジャクソンヴィルに引っ越した。その日は、医者の予約でワシントンに戻ったついでに、議事堂の周辺を見に来ていたところだった。

   ワシントンには史上最大規模の約2万人の州兵が配備されつつあり、とくに1月20日に大統領就任式が行われる議事堂は、高いフェンスで囲まれ、異例の緊張に包まれている。

   1月6日、トランプ支持者が大規模集会会場から議事堂まで行進したあと、その一部が議事堂内に乱入。死者を出す事件に発展した。

   トムの政治的信条は保守で、経済や中東和平などの共和党の政策を支持し、今回もトランプ氏に一票を投じた。

「昨年夏に起きた黒人差別に対する抗議デモもそうだが、抗議デモの権利はアメリカ合衆国憲法修正第1条で守られている表現の自由です。そして抗議デモ参加者のほとんどは、平和的に声をあげ、抗議していた。それがアメリカというものです。
ただ、ブラック・ライブズ・マターの抗議デモと同じで、ごく一部の過激な人たちがあのような暴力的な行為を引き起こす。1人残らず、しかるべき裁きを受けるべきです。過激な人たちはごく一部なのに、それをもって私の保守派の友人たちが、民主党支持者全体を非難するように、ごく一部のトランプ支持者たちの行為で、彼ら全体が非難されています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中