2021年 6月 14日 (月)

イーロン・マスク氏「輿水幸子」ツイートの背景 海外で進むアイマスキャラの「ミーム化」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   電気自動車メーカーのテスラ・モーターズやスペースXのCEOのイーロン・マスク氏が2021年1月13日(日本時間)、「アイドルマスターシンデレラガールズ」(以下、デレマス)キャラクター・輿水幸子の画像をツイートした。

   これに日本のみならず海外のネットユーザーも騒然となり、折しも近いタイミングで同ゲームを制作するバンダイナムコの株価も上昇、マスク氏のおかげでは?との噂も流れた。

  • この「輿水幸子」の画像を使ったイーロン・マスク氏のツイートに、アイマスユーザーは騒然となった
    この「輿水幸子」の画像を使ったイーロン・マスク氏のツイートに、アイマスユーザーは騒然となった
  • この「輿水幸子」の画像を使ったイーロン・マスク氏のツイートに、アイマスユーザーは騒然となった

テスラの「好感度UP」作戦か?

   テスラ氏は、輿水幸子の画像とともに、「Hey you ...Yeah you Queen ...You're gonna make it!」とツイートしている。これは直訳すると、「君は女王だ、やれるよ!」といったニュアンスを持つ。

   「You」を輿水幸子と解釈すると、マスク氏が彼女を応援しているとも取れ、また1月13日は輿水幸子がゲームに初登場した日で、ファンの間では、マスク氏が幸子P(アイドルマスターのキャラクターを推すプレイヤーの通称)なのでは、といった噂まで広がることになった。

   しかし一方で、輿水幸子はアメリカの掲示板「4 chan」で2017~18年頃にトップページのアイコンに使われていたこともあり、アイマスとは全く無関係にアメリカのネットでの知名度はあったようだ。

   また4chanなどの海外掲示板でも日本同様に二次創作のネタにされている。マスク氏はこういったネットカルチャーの中でたまたま輿水幸子に目を付けただけなのでは?と憶測するファンも少なくない。

   マスク氏の意図は「日本でのテスラの好感度アップ」ではないかと推測したのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。

   J-CASTニュースの取材に井上氏は、元々マスク氏自身も日本のネットカルチャーに詳しいとして、次のように話す。

「テスラ車は日本では売れ行きが悪いです。日本市場を意識し、若いネットユーザーにも、日本のキャラクターをちゃんとわかっているよ、と伝えてテスラの好感度アップ効果も狙ったのかもしれません」

デレマスキャラの「ミーム化」進む?

   マスク氏がツイートした輿水幸子のように、日本のキャラクターが海外のネットカルチャーの中で消費されていくうちに本来と違う意味合いを持つ「ミーム化」は珍しくない。

   同じ「デレマス」のキャラクターでも、本田未央が自分の持ち曲「ステップ!」に合わせて、シューティングゲーム「Team Fortress 2」「Counter-Strike: Global Offensive」などのマップをかけめぐる動画が20年2月から3月にかけて流行していた。

   また森久保乃々は引っ込み思案でよく机の下に隠れているというゲームの設定を流用され、机の下に隠れてターミネーターの襲撃を逃れようとする「Anime Girl Hiding From a Terminator」という二次創作イラストが2019年頃に海外のユーザーにより描かれて拡散された。

   こうした海外のミーム文化について前出の井上氏は、

「特に4chanはまさしく昔の2ちゃんねるのような空気があり、日本ではツイッターでもよく行われている、キャラクターのセリフを改変する『コラ文化』のようなノリで二次創作も行われています。また海外のネットユーザーにとっては、アニメ・マンガよりゲームのキャラクターの方が一番身近で触れやすいようです」

   と解説する。

    アイドルマスターというコンテンツそのものの人気に加えて、こうした海外でのミーム文化の隆盛が、ついに巨大企業CEOをも捉えた、と言えるだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中