2021年 3月 4日 (木)

JRと阪急どっちを使う? ある沿線家庭の選択から見る、関西鉄道30年の歩み

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   1995年1月17日の阪神・淡路大震災から26年が経過した。当時、筆者は小学校1年生で、神戸市で被災した。今でも地割れの轟音と激しい揺れは覚えている。

   さて「阪神・淡路大震災を期に関西私鉄からJRへ利用客が流れた」という文言を見かけるが、本当のところはどうなのだろうか。震災後、私鉄と比べてJRが早期に復旧したことで、沿線住民の支持が高まった――という説である。

   神戸市内に住み続けている筆者の家庭における、約30年間の鉄道事情を書いていきたい。

  • JR西日本、新快速
    JR西日本、新快速
  • JR西日本のライバル阪急神戸線
    JR西日本のライバル阪急神戸線
  • JR西日本、新快速
  • JR西日本のライバル阪急神戸線

震災前から人気急上昇だったJR西日本

   筆者は神戸市内に住み、JRと阪急が利用できるエリアに住んでいる。我が家では阪神・淡路大震災の前からJR西日本の評判は高かった。祖母は「JRは電車が綺麗やし速い。昼トク(昼間特割きっぷ)もあるし」と言い、ほとんどのケースでJR西日本を利用。またJR西日本・山陽電気鉄道沿線に住む親戚もJRを愛用していた。

   だが国鉄時代の感想を祖母に聞くと「本当に国鉄職員は愛想がなかった、嫌いだった」と言い、国鉄分割民営化を高く評価していた。

   JR西日本は1989年に3扉転換クロスシートの221系を新快速に導入。1990年には日中の新快速を芦屋駅に停車させた。一方、当時の阪急神戸線は日中時間帯でも普通は六甲駅(神戸市灘区)で特急の通過待ちがあり、阪急派の身内もイライラしていた。

   阪神・淡路大震災ではJR西日本がいち早く全線再開したこともあり、我が家ではJR西日本への支持は高まった。

   阪急神戸線は1995年6月の全線再開時に岡本駅(神戸市東灘区)を特急停車駅にし、日中時間帯の六甲待避はなくなった。岡本駅とJR摂津本山駅は数百メートルしか離れていないので、震災前から続いていたJR西日本への流出を少しでも防ぎたかったのだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中