2021年 6月 25日 (金)

脱「ロマンスの神様」で躍進 スポーツ大手・アルペンが遂げた「華麗なる変身」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   スポーツ用品大手のアルペンの株価が投資家の注目を集めている。2021年1月22日には、一時前日終値比14.7%(337円)高の2630円まで上昇。21日に21年6月期連結決算の業績予想を上方修正したことが好感された。

   コロナ禍にあっても「密」を回避できるとされるゴルフやキャンプ関連などの売り上げが好調に推移。広瀬香美さんのヒット曲「ロマンスの神様」を用いたテレビCMなどを看板に、スキー用品販売でかつて一時代を築いた会社の華麗なる変身が市場に評価されている。

  • スキーのイメージは過去の話?(画像はイメージ)
    スキーのイメージは過去の話?(画像はイメージ)
  • スキーのイメージは過去の話?(画像はイメージ)

純利益は前期比「496倍」見込む

   上方修正の内容を確認しておこう。売上高は従来予想より49億円余多い2350億円(前期比7.8%増)、営業利益は同じく69億円余増の133億円(同3.2倍)、純利益は同じく48億円余増の84億円(同496倍)と大幅増益を見込む。

   売上高の修正理由としてアルペンは

「密を避けられるスポーツ・レジャーとしてゴルフやアウトドア用品が好調に推移」
「強化しているスポーツアパレル(スウェットなどスポーツ関連衣料品)も伸張した」

ことを挙げた。利益面については「在庫水準の適正化による処分販売の減少」「(安売りに頼らない)適切な売価コントロール」「経費水準の見直し」の貢献を指摘した。

   業績予想にあたっては「コロナの収束は当分見込めず市場の停滞は続くものの、大規模な店舗休業は発生せず春以降に新規感染は徐々に落ち着く」ことを想定した。足元では2020年7月から12月までの既存店売上高が、前年は消費税率アップ前の駆け込み需要があった9月を除いてすべて前年比プラスで推移しており、上方修正の根拠ともなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中