2021年 6月 16日 (水)

フランダースの犬「1話と最終話だけ」配信 JOYSOUNDの「50話分カット」が話題、運営会社に理由を聞いた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
「(パチンコ)CRフランダースの犬以来の衝撃」

   あるツイッターユーザーは、情報を目にした際の驚きをこう表現した。カラオケ機器「JOYSOUND」などを手がけるエクシング(名古屋市)は、カラオケルームでテレビアニメシリーズ「世界名作劇場」の作品を観られるサービスを2021年1月20日に開始。その第1弾として『フランダースの犬』を配信しているが、見られるのは「第1話」「最終話」の2話分だけなのだ。

   一体なぜ「大幅省略」になってしまったのか。エクシングの広報担当者に話を聞いた。

  • 「疲れるのが早すぎるフランダースの犬」が話題に(画像はエクシングのニュースリリースより)
    「疲れるのが早すぎるフランダースの犬」が話題に(画像はエクシングのニュースリリースより)
  • 「疲れるのが早すぎるフランダースの犬」が話題に(画像はエクシングのニュースリリースより)

途中の50話分は「総スルー」

   『フランダースの犬』はイギリスの作家・ウィーダによる児童文学作品。ベルギーのフランダース地方を舞台に、絵を描くことが好きな少年・ネロと老犬・パトラッシュの暮らしを描いたストーリーだ。日本では1975年に放送された「世界名作劇場」(フジテレビ系)のテレビアニメで知られ、最終話でネロが天に召される場面は、アニメ史に残る名シーンとも言われる。

   放送から40年以上が経った今。DVDや動画配信サービスでの視聴も容易になっている中、この名作を一風変わった手段で視聴できるサービスがある。エクシング(名古屋市)のカラオケ機器「JOYSOUND」を通じて、カラオケルームにいながら作品を無料で見られるというものだ。音楽ライブやお笑いライブを視聴できるJOYSOUNDのサービス「みるハコ」では、1月20日から4月19日にかけて「世界名作劇場」のアニメ作品を無料配信。その第1弾として、「フランダースの犬」の配信がはじまった。

   しかし、視聴可能なのはネロとパトラッシュが出会う「1話」と、ネロが亡くなる「最終話」のみ。アニメ全52話のうち、途中の50話分は「総スルー」されてしまったのだ。

   このことは1月下旬、ツイッターユーザーの間で大きな話題に。「鬼かっ!」「健気な男の子だな〜と思ってたら次の無料公開話で天に召されてるの急展開すぎる」「疲れるのが早すぎるフランダースの犬」「タイトルも『フラ犬』に変えよう」と反響が続出した。中には「忙しい人のためのフランダースの犬」「フランダースの犬RTA(リアルタイムアタック)」と表現する人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中