2021年 8月 1日 (日)

松井珠理奈に聞いた「アンチ」との向き合い方 「批判をはねのけて...」プロデュース曲に込めた思い

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

【松井珠理奈さん「卒業」1万5000字インタビュー(2)】

   SKE48にとって約1年ぶりのシングル「恋落ちフラグ」(2021年2月3日発売)に合わせて、松井珠理奈さん(23)は新ユニット「Black Pearl」(ブラックパール)をプロデュースしている。メンバーには、自分以外に「次の世代を託したい8人」を選んだ。

   「ブラックパール=黒真珠」には、「周りからの批判や反対のようなものを気にせずはねのける」といった意味が込められており、それは珠理奈さんにとって、後輩に伝えたいことでもある。SKE48のシングル曲でセンターを務めた回数が最も多く、目立つ存在だけに、風当たりが強い場面も多かった珠理奈さん。インタビューの第2回では、SNSの書き込みや、いわゆる「アンチ」への向き合い方について聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • J-CASTニュースの取材に応じるSKE48の松井珠理奈さん。「アンチ」との向き合い方についても語った
    J-CASTニュースの取材に応じるSKE48の松井珠理奈さん。「アンチ」との向き合い方についても語った
  • J-CASTニュースの取材に応じるSKE48の松井珠理奈さん。「アンチ」との向き合い方についても語った

批判の声あっても「それを気にせずにSKE48を盛り上げて」

―― 今回発売される新曲で珠理奈さんが関わった3つの楽曲のうち、3曲目が、新ユニット「Black Pearl」(ブラックパール)による「Change Your World」。珠理奈さんがプロデュースしたそうですね。

松井: はい、振り付けも作って曲も選んで作詞して、MVの衣装やメイクも一緒に相談させていただいて...。

――  メンバーも珠理奈さんが? 珠理奈さん以外には青海ひな乃さん(20=9期生)、井上瑠夏さん(19=8期生)、野村実代さん(18 =8期生)、平野百菜さん(14=9期生)、江籠裕奈さん(20=5期生)、水野愛理さん(18=ドラフト2期生)、熊崎晴香さん(23=6期生)、林美澪さん(11=10期生)の8人。比較的若手メンバーが多い印象ですが、次の世代を託したい8人、といったところですか。

松井: そうです。もっとたくさんのメンバーを選びたかった気持ちはありますが、1人ずつをきちんとフィーチャーするのであれば、やっぱりこれぐらいの人数がいい、という話になりました。悩みに悩んで、いつも近くで見てくれているスタッフさんたちと相談して決めさせていただきました。メンバーが頑張っているというのはみんな一緒ですが、その中でどうやって個性を出しているか、人と違う努力をしているか...、そういったファンの人から見えないところの努力もちゃんと見ているし、頑張っていたらいつか認めてもらえるんだよ、というようなメッセージも込めて、このメンバーに決まりました。

―― 20年10月の12周年記念公演では、珠理奈さんは次期センターの候補について「正直いますよ、3人ぐらいね」と話していました。「Black Pearl」のメンバーの中に、この3人が含まれているということですよね。

松井: ...かもしれません。(笑)

―― そこはまだ「乞うご期待」ということなんですね...!ユニット名の「Black Pearl」は日本語にすると「黒真珠」。珠理奈さんの「珠」の字をかけているほか、黒真珠には、ある意味が込められていると聞きました。

松井: そうです。黒真珠は、周りからの批判や反対のようなものを気にせずはねのけて、自分の意思を持って突き進みたいときに持つといい、と言われているそうです。それは私がメンバーに伝えたいことでもあります。私自身もSKE48に加入した直後に「大声ダイヤモンド」(編注:08年発売のAKB48のシングル曲。デビュー直後の珠理奈さんが前田敦子さんとのダブルセンターに大抜擢された)に参加したとき、もちろん応援してくださる方もたくさんいましたが、多くの批判も受けてきました。でもそれを逆にパワーに変えて、落ち込むこともあったけど、前向きにやってきたからこそ、今の自分があります。これから先、私の卒業後に、例えば「誰がセンターになりました」とか、どんどんみんなが前に出て注目されていくときに、そういう(批判の)声もあるかもしれませんが、それを気にせずにSKE48を盛り上げていってほしいな、という気持ちを込めて書きました。

アンチから攻撃されても「1人でも味方がいれば、乗り越えていける」

松井珠理奈さんがプロデュースした新ユニット「Black Pearl」(ブラックパール)。メンバーには、自分以外に「次の世代を託したい8人」を選んだ (c)Zest,Inc. / AEI
松井珠理奈さんがプロデュースした新ユニット「Black Pearl」(ブラックパール)。メンバーには、自分以外に「次の世代を託したい8人」を選んだ (c)Zest,Inc. / AEI

―― 後輩に自分の思いを受け継いでほしい、というメッセージですね。

松井: はい。やはり、いろいろな声で落ち込んでしまうメンバーは結構多いので...。SKE48のメンバーに限らず、普段生活していても、今はSNSなども盛んなので、聞きたくないことや目に入れたくないものが自然に入ってきてしまうような現状もあったりするじゃないですか。だからそういう方たちにも、何か強いメッセージを送れたらいいと思って書きました。現代的なのかな、とは思います。

―― SNSの話題が出たので、この機会にうかがいます。珠理奈さんはSKE48という比較的大きなグループを長い間引っ張る存在だったということもあって、多くの非常に熱心なファンに支えられる一方で、「アンチ」と呼ばれる反対勢力の存在も非常に目立ちます。そういった人々が発する誹謗中傷の類については、受け止めるなり無視するなり、どのように対応していますか。

松井: そうですね...。私は多分、アイドルの中でもそういうのが多い方で、やっぱり最初はすごく落ち込むこととかもあったし、「もう自分はSKE48を辞めた方がいいのかな」とか思うこともあったのですが、本当に1人でも応援してくれている人がいたら私は続けるべきだと思っています。例えば、私たちのことを見て「お仕事頑張ろうと思った」とか「人生変わった」と言ってくださる人もいるので、やはり私たちが頑張ることで何か影響を与えられる人がいるのならば、続けたいと思うようになりました。一番思うことは、そうやっていろんな言葉をかけてくる人たちは、結局、私たちのことを全て知ってるわけではない、ということです。「興味はあるのかもしれないけど、深くは見ていない人たち」が、そういうことを言うことは分かっているので、私は一番近くにいる人や、大事に思っている人が自分のことを批判しないでくれれば、1人でも味方がいれば、乗り越えていけると思います。

―― そういえば、アイドルに詳しいことで知られる立憲民主党の枝野幸男代表が、講演でSNSの使い方について触れていました。いわゆる「クソリプ」の問題ですが、返信欄は見ない上に「ミュートをバンバンかけている」そうです。ただ、否定的な意見も含めて「街の声」は聞かないといけないので、それは自分がフォローしている人たちのツイートを参考にして収集しているそうです。珠理奈さんのSNSにも、相当な数・種類の「街の声」が押し寄せると思いますが、そういったものは見ないようにしていますか?それとも、あえて見るようにしていますか?

松井: 自分から調べたりはしませんが、ファンの人の声は大事にしたいので、自分のところに来るコメントは見たりするようにしています。その中でも「やっぱり聞きたくなかったなぁ」というものはありますが、その人も結局そこに書き込むぐらい見ているということは、結局好きなんじゃないかなと思います。そのためにわざわざ時間を割いてくれていることは、裏を返せば興味はあるということなので、いくらでも(良い方向に)ひっくり返せるのかなと私は思います。逆に無関心が一番怖いと思いますね...。

―― 遠回りになってしまいましたが、この「Black Pearl」という言葉を通じて、昨今のSNSの状況のようなことを含めて後輩に伝えたい、ということですよね。若手だと、こういった「街の声」でメンタルにダメージを受けやすい人もいるとは思いますが、やっぱり味方はいますからね。

松井: いますいます!味方を見つけることを優先した方がいいと思います。

振付に込めたメッセージ「目の前のものをはねのけて...」

―― 「Black Pearl」による楽曲「Change Your World」は、どんな楽曲ですか。ダンスは激しいですか。

松井: 結構、踊ります。力強く、「目の前のものをはねのけて進んでいくぞ」みたいな、メッセージ性が入ってる振付になっています。

―― 振付も珠理奈さんが担当したとのことですが、珠理奈さんが選んだメンバー8人への振付はスムーズに進みましたか。

松井: えー、どうだろう。(10期生の)林美澪ちゃんや(9期生の)平野百菜ちゃんは、もちろんできるメンバーなのですが、比較的新しいメンバーなので、結構細かく指導はしましたね。

―― 加入したばかりのメンバーにとっては、全員が歌う表題曲と「Black Pearl」の楽曲の2曲で初めてのMV撮影になるわけで、大きなチャレンジですかね。

松井: この2曲は本当にイメージが違います。表題曲は明るく元気な感じですが、「Black Pearl」の楽曲は、今回のCDに収録される楽曲の中で一番かっこいい。ほぼ笑わない感じなんですよね。

―― 切り替えが大変そうで、それはまた新たな挑戦ですね。

松井: そうなんですよ。表題曲で「若いから、なんかかわいい」「さわやかな明るい感じ」なのかなと思いきや、「Black Pearl」の楽曲は結構力強い感じなので、そこも見どころですね。

(インタビュー第3回に続く。2月8日掲載予定です)


松井珠理奈さん プロフィール
まつい・じゅりな 1997年生まれ、愛知県出身。2008年にSKE48の1期生としてデビュー。直後にAKB48のシングル「大声ダイヤモンド」に前田敦子さん=12年卒業=とともにダブルセンターに抜擢。SKE48でも多くの楽曲でセンターポジションを務め、松井玲奈さん=15年卒業=とともに「W松井」「JRコンビ」と呼ばれ、グループの顔として活躍した。12年から15年にかけてAKB48と兼任。18年に行われた「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」で初めて1位に選ばれた。20年2月にSKE48からの卒業を発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中