2021年 9月 27日 (月)

TBS「天国と地獄」考察合戦が止まらない キーワードは「0」?視聴者が注目した理由

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   俳優の綾瀬はるかさんが主演を務める日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)の第4話が、2021年2月7日に放送された。

   謎が謎を呼ぶ展開に、ネット上ではさまざまな考察で盛り上がるなか、「あるキーワード」を支持する声が多くあがっている。

  • 主演の綾瀬はるかさん(2015年撮影)
    主演の綾瀬はるかさん(2015年撮影)
  • 主演の綾瀬はるかさん(2015年撮影)

第4話の展開は...

   「天国と地獄」は、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」などで知られる森下佳子さんが脚本を手掛けるオリジナルドラマ。綾瀬さん演じる熱血刑事・望月彩子と、俳優の高橋一生さん演じる殺人鬼・日高陽斗の中身が、鹿児島・奄美大島に伝わる「月と太陽の伝説」かのごとく、入れ替わってしまうスイッチストーリーだ。

   前回、彩子の身体を使った日高がまたも猟奇的な殺人を犯し、ついに元の身体に戻ろうが戻るまいがれっきとした殺人犯となってしまい絶望する彩子。第4話では、「彩子のような女性が殺害現場にいた」との目撃証言があがり、上司である河原(北村一輝さん)から事情聴取を受ける絶体絶命のピンチに陥るも、日高(外見は彩子)は持ち前の頭脳で乗り切る。

   一方、刑事のプライドにかけ、彩子は日高の行いを警察に突き出すことを決意。余裕そうな日高に対し、

「なめんじゃないわよ、私だって警官の端くれだからね」

と自身もろとも地獄行きとなることを宣言するという展開になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中