2021年 4月 13日 (火)

阪神・藤浪晋太郎「コンビニに行ってるだけでも球団にクレーム」 コロナに「かかった後」起きたこと

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

医療従事者への感謝も

   新型コロナウイルスについての質問も出た。藤浪投手は20年3月下旬に同僚2選手とともにコロナ感染が判明した。3選手は3月中旬に女性との会食に参加。その場にいた複数の女性もコロナに感染していた。退院後の4月下旬には自身の行動が「軽率だった」として、反省の弁を口にした。

   「コロナの時に1番しんどかったこと」を聞かれると、藤浪投手は「隔離生活と差別ですかね?」と回答。具体的なエピソードとして「(コロナに)かかった後は、コンビニに行ってるだけでも球団にクレームとか来てました...笑」とした。

   その後、「医療・福祉の仕事をしている」というユーザーから「気合いが入る一言」をお願いされた藤浪投手。「毎日毎日、本当にお疲れ様です」とねぎらった上で、次のように語った。

「(コロナに)かかった自分が言うのもなんですが...この世の中を支えて下さっているのはあなた達です!実際、僕自身も入院中は落ち込んでいましたが、医療関係の方々にすごく励まされ あなた達のおかげでこうして無事に野球ができています。私が日本を救ってるんだ!と言う誇りを持っていただければと思います!」(原文ママ)

   最初は「ちょっとだけ質問答えよかな」と語っていたが、この日は50問以上の質問に回答。旺盛なサービス精神を見せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中