2021年 2月 26日 (金)

森氏後任「有力候補」の3人 小谷実可子氏、橋本聖子氏、山下泰裕氏...それぞれ抱える「不安要素」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   女性蔑視発言で引責辞任を表明した森喜朗会長(83)の後任人事が混迷している。後任選出にあたり東京五輪・パラリンピック組織委員会は「候補者検討委員会」を立ち上げ、2021年2月16日に第1回会合が行われた。森氏が辞任を表明して以降、多くの候補者の名がメディアで取り上げられており、後任選出に世間の注目度は高まっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

新会長に必要な資質とは...

   ここまで元アスリートを中心に複数の候補者が浮上しているが、そのなかで有力視されるのが、組織委のスポーツディレクターを務める小谷実可子氏(54)だ。その一方で橋本聖子五輪相(56)を推す声も強く、ここにきて日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)が候補として急浮上。JOC会長と組織委員会会長の兼任案が出ているという。

   東京五輪・パラリンピックの「顔」となる新会長には何が求められるのか。組織委員会の武藤敏郎事務総長は新会長に必要な資質について「五輪・パラリンピックに何らかの経験があること。ジェンダー平等やダイバーシティなどについての認識が高い方」としている。

   森会長の後任が有力とされる小谷氏は、1988年ソウル五輪にシンクロナイズド・スイミング(現アーティスティックスイミング)代表として出場。開会式では日本選手団の旗手を務め、競技ではソロ、デュエットで銅メダルを獲得した。選手として国際舞台での経験が豊富で、現役引退後はJOCの広報員を務めるなどアマチュアスポーツの発展に尽力してきた。

   小谷氏は英語が堪能で、国際オリンピック委員会(IOC)の役員と円滑にコミュニケーションをとることが可能である。現役時代の実績に加え、引退後の五輪・パラリンピックへの貢献度などからニューリーダーとしての資質は十分だろう。その一方で政界との目立ったパイプがないと指摘する関係者もおり、不安要素のひとつでもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中