2021年 9月 26日 (日)

安斉かれん、歌手は天職? アルバイト「続いた覚えがない」...数々の「すぐ辞め」エピソード暴露

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「これ言っていいのか分からないけど、面接で辞めた! アハハハ!」

   さらに、この日の安斉さんはいつになく饒舌。他に受けたアルバイト先としてあるコンビニでは、「これ言っていいのか分からないけど、面接で辞めた! アハハハ!」と、実際には就労することなく辞退した経験を公表。さらに、これらのトークの総括として、「めっちゃダメな奴、ほんとに!」「やっぱり私ね、マニュアルがある仕事は出来ないんだと思います。臨機応変系が好き」と、自らの「特性」を明かしつつ、別の質問に移っていったのだった。

   これら、やや「本人の飽きっぽさ」を漂わせたこの日の安斉さんのトークだったが、「シンガーソングライターではなく、普通の一般人になっていたら、どんな人になっていたかと思いますか?」という質問に対し、「最近、めっちゃ考えるんですよ。こういうお仕事をさせてもらってなかったら、何やってるんだろうなって」と回答。ただ、安斉さんは2019年5月1日に歌手として芸能界デビューを果たしており、2020年はテレビドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)で、アユ役で主演を務めたほか、今年の5月1日で芸能生活は2周年。それを考えると、安斉さんは無事、適職を見つけたと言えるのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中