2021年 6月 16日 (水)

Snow Manの「だて様」宮館涼太の素顔 ロイヤルな所作と熱いハートのギャップに悶える

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「ロイヤル」と形容されるSnow Man宮舘涼太は、気品あふれる所作が注目されるが、心の底ではメンバーカラーの赤が象徴するような熱いハートを持ち続けてきた。メンバーも認める努力家ぶりはJr時代から今も変わらず、多方面で彼らしくさらりと、見る人に印象を残してみせるのだ。

「努力に裏打ちされた気品、説得力がある」

   数は決して多くないものの、ここぞという時にその頼もしい背中でSnow Manを引っ張っている宮舘涼太。1993年3月25日生まれの27歳で、メンバーの渡辺翔太とは生まれた病院が一緒という幼馴染だ。

   宮舘は「だて様」と呼ばれており、ファンのことを「宮舘王国民」と呼ぶこともしばしば。というのも、宮舘の所作、言動、ダンス、殺陣など全てにおいて気品が溢れ、「ロイヤル」と形容されるためだ。ジャニーズJr.チャンネル時代にも「【クイズ!正解はダテ様】国王は宮舘...白馬の名前が決定!」など宮舘のキャラに合った動画がアップされており、Snow Man公式YouTubeチャンネルでも気品溢れる動作で様々なゲームにチャレンジする様子が見られたりする。

   そんなロイヤルな宮舘だが、実はメラメラと闘志を燃やすタイプでとにかく努力家。メンバーからも「アイドル業に万能だから誤解されやすいけど、実はめちゃくちゃ努力家。努力に裏打ちされた気品、説得力がある」(深澤)、「自分の中で、『こうあるべき』というルールが細かく決まっていて、ちゃんと実行する」(渡辺)、「仕事だけじゃなくプライベートも真面目。道標として、見習っていきたい」(ラウール)(「ViVi」特集「Snow Manのトリセツ」より)とコメントされているほどだ。

   実際、宮舘は常に自分の中で目標を掲げて努力を重ねてきている。「列になって踊るジャニーズJr.の先頭に行ってマイクを持ちたい」、「KAT-TUN・亀梨和也のようになりたい」、「ワイヤレスのマイクが持ちたい」、「デビューがしたい」......。

   そうやってジャニーズ事務所入所後から明確な目標を立て、行動してきているのだ。しかもその努力を表に出してアピールすることはほとんどない。雑誌『Myojo』に掲載された1万字インタビューで努力の人であるかを問われた時にも、「そこはどう思われてもいいです」と気持ちよく言い切るほど、努力の結果だけを我々に見せてくれる、筋の通った男なのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中