2021年 6月 16日 (水)

澤村拓一はメジャーに通用する? 「性格はプラス」も足りない「武器」...元巨人コーチが分析

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球のロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使してメジャーリーグ入りを目指していた澤村拓一投手(32)がレッドソックスに入団することが決まった。球団が2021年2月16日(日本時間17日)、正式に発表した。複数の米メディアによると、契約は2年で年俸は総額で約3億2000万円(金額は推定)という。

   日本球界から長年の夢であったメジャーリーグに挑戦する澤村。果たしてメジャーで通用するのか。J-CASTニュース編集部は巨人の戦略コーチを務めた橋上秀樹氏(55)に分析してもらった。

  • 澤村拓一投手(写真:AP/アフロ)
    澤村拓一投手(写真:AP/アフロ)
  • 澤村拓一投手(写真:AP/アフロ)

「性格は周りのことが気にならないタイプ」

   澤村は昨シーズン、巨人で13試合に登板し防御率6.08と振るわず、シーズン途中の9月に交換トレードでロッテに移籍。新天地のロッテでは22試合に登板して防御率1.71の数字を残し復活の兆しを見せた。昨年11月に海外FA権を行使することを表明し、メジャー移籍を目指していた。

   巨人のコーチ時代を通じて澤村の人柄を知る橋上氏は、「澤村選手は細かいことを好まないタイプなので、もしかしたらそれがアメリカに合うかもしれない」と澤村の性格が米国の環境にフィットする可能性を指摘し、次のように続けた。

「澤村選手は屈託のない明るさを持っており、礼儀正しい青年です。私が他球団に移っても、球場で会えば必ずあいさつにきてくれました。性格は周りのことが気にならないタイプで、非常にマイペース。投手らしい性格といえば投手らしい性格です。アメリカでは投げることだけに集中出来ると思いますし、彼の性格はプラス要素になると思います」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中