2021年 5月 14日 (金)

【追記あり】EGOIST公式が乗っ取られた? 謎のトルコ人女性にファン動揺...所属会社は「原因究明中」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「万が一に備え、動画の視聴はお控えください」

   この件について翌24日朝、EGOISTは公式ツイッター上でこう説明した。

「昨日(23日)22時頃 EGOIST Official YouTube Channelにて経路不明の動画がアップロードされました。
該当動画に関しまして現在原因究明中となりますが、万が一に備え、動画の視聴はお控えください。
この度は皆様にご心配をおかけしまして申し訳ございません」

   当該動画は20時現在、公開されたままになっており、5万6000回以上再生されている。また音楽配信サービス「Apple Music」にも同じ動画が日本の「EGOIST」として公開されている。

   なお、当該動画のキャプションにはこう記されている。

「Music video by Egoist performing Eyvah. (C) 1999 SONY MUSIC ENTERTAINMENT TURKEY」

   どうやらこの動画はメルテム・タシュクランさんがボーカルを務めるトルコの「Egoist」という音楽グループのミュージックビデオだとみられる。

   J-CAST ニュース編集部は24日18時、日本の「EGOIST」が所属するソニー・ミュージックエンタテインメントの広報・CSRルーム担当者に、経路不明の動画がApple Musicやユーチューブ上に投稿されたのはなぜなのか、削除予定はあるのかなどを電話で尋ねた。

   担当者は「事実は認識している」と話す。子会社であるソニー・ミュージックレーベルズと原因究明に努めており、これ以上は回答できないとした。

   また、トルコの「Egoist」とソニー・ミュージックエンタテインメントの関係についても、同社は海外事業を担っていないため、現在は回答できないとのことだった。

   (25日16時50分追記)

   EGOISTは公式サイト上のお知らせで25日、今回の事態が起こってしまった理由についてこう説明した。

「海外のソニー・ミュージックグループより"同一名義"アーティストの別商品が公開・配信されて、意図しない形でEGOIST Official YouTube Channel、およびその他の一部デジタルサービスのEGOISTアーティストページに紐付いてしまったことに起因しておりました」

   現在は、海外のソニー・ミュージックグループとの連携や関連会社の協力を得て、ユーチューブ含む各デジタルサービスでの紐付けが解消されているという。

   今後は、海外のソニー・ミュージックグループと連携を図ることで再発防止に努めるとし、混乱を招いてしまったとしてユーザーに謝罪した。

「多くのユーザーの皆様に、混乱を招いてしまい、ご心配とご迷惑をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中