2021年 4月 11日 (日)

巨人の電撃トレードまだ続く? 関係者「チームにくすぶっている選手いる」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の巨人、ヤクルト両球団は2021年3月1日、巨人・田口麗斗投手(25)とヤクルト廣岡大志内野手(23)の交換トレードが成立したことを発表した。

   右打ち内野手の層を厚くしたい巨人と先発投手陣の立て直しが急務だったヤクルトの思惑が一致したもので、公式戦開幕まで1カ月を切ったタイミングでの電撃トレードとなった。

  • 原辰徳監督はどう動くのか(写真:AP/アフロ)
    原辰徳監督はどう動くのか(写真:AP/アフロ)
  • 原辰徳監督はどう動くのか(写真:AP/アフロ)

田口は巨人での7年間を振り返り「非常に濃い時間でした」

   田口は巨人時代に先発と中継ぎで実績を残した左腕だ。2016年には10勝をマークし、翌17年には13勝を挙げた。19年には中継ぎとしてチームのリーグ優勝に貢献。昨年は開幕ローテーション入りを果たすなど首脳陣から大きな期待を寄せられていたが、故障などでローテに定着出来ず、終盤は中継ぎにまわった。

   田口は球団公式サイトを通じて「ジャイアンツでの7年間は、非常に濃い時間でした。監督、コーチ、仲間たち、スタッフの方たちに助けられて、ここまでやってこられたと思います。ジャイアンツの皆さんには、本当に感謝しています。東京ヤクルトスワローズでも、田口麗斗を応援してもらえるよう頑張ります」と新天地での活躍を誓った。

   一方の廣岡は15年のドラフトでヤクルトから2位で指名を受けて入団。パンチ力のある打撃が魅力で、守備は遊撃手に加えて二塁や外野などのポジションもこなす。ルーキーイヤーの16年9月29日のDeNA戦で1軍初スタメンを果たすなどポテンシャルは高く、チーム内での競争が激しい巨人でもまれることでさらなる成長が期待される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中