2021年 9月 27日 (月)

「男性版Nizi Project」で「ボーイズグループ」戦国時代来る? JO1、7ORDER...続々デビューの群雄割拠

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ガールズグループ「NiziU」のプロデューサーでアーティストのJ.Y.Park氏が2021年3月3日、日本テレビ系「スッキリ」にVTR出演し、NiziUを生んだ「Nizi Project」の男性版の構想を語った。

   折しも「スッキリ!」は4月から「世界を目指すボーイズグループ発掘オーディション」を始めると番組公式ツイッターアカウントで告知している。「ボーイズグループ」も戦国時代到来の機運があるようだ。

  • J.Y.Park氏(写真:アフロ)
    J.Y.Park氏(写真:アフロ)
  • J.Y.Park氏(写真:アフロ)

「一番ワクワクする目標」

   J.Y.Park氏は自らJYPエンターテインメントを韓国で創業し、男女さまざまなグループのプロデュースを手掛けてきた。多くは公開オーディションとして選考過程をメディアを通じて視聴者に公開し、ファンを獲得していく手法で、NiziUのオーディションプロジェクト「Nizi Project」も「スッキリ」などのテレビメディアで放映された。

   3月3日の同番組では「Nizi Project」のシーズン2として男性バージョンの構想を持っていることに言及し、「一番ワクワクする目標の一つ」と語った。

   Nizi Projectを継続して特集してきた「スッキリ」での発言なだけに、同番組が告知するオーディションが男性版Nizi Projectなのではないか、と考えても不自然ではない。

ライバル?「PRODUCE 101」は第2弾が始動 既存グループも様々

   本当にJ.Y.Park氏の「男性版Nizi Project」が始動するとなった場合、手ごわいライバルが立ちはだかっている。やはり公開オーディションでボーイズグループのメンバーを選出する「PRODUCE 101」(通称プデュ)だ。韓国の同名番組と同様に、練習生101人が公開番組の中で選考に挑み、最終選考に合格した11人が「JO1」として2020年3月4日にデビュー、音楽やテレビ、モデルなどで活動を始めている。すでに新たなグループのメンバーを選ぶべくシーズン2の開始が予告されており、練習生60人のプロフィールも公表されている。

   また他にも新たなボーイズグループ結成の動きはあり、AAA(トリプルエー)のラップ担当のSKY-HIさんが20年9月から新グループ結成を目指したオーディション企画「THE FIRST」を始めている。

   デビュー済みの若いグループを見れば、かつてジャニーズJr.で「Love-tune」というユニットを組んでいた7人がジャニーズ事務所退所後に始めた「7ORDER project」は2019年から活動を続け、グループ名「7ORDER」で21年1月13日には1stアルバム「ONE」でメジャーデビューを果たしている。その他にもLDH系列のグループやDa-iCE(ダイス)、ONE N' ONLY(ワンエンオンリー)など日本国内で活動歴のあるグループも健在で、男性版Nizi Projectが始動すれば、日本海の壁を越えてボーイズグループの戦国時代が訪れるかもしれない。

(J-CASTニュース編集部 大宮 高史)

   (2021年3月8日13時40分追記)「7ORDER」に関する一部記述に誤りがあったため、記事を修正しました。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中