2021年 8月 6日 (金)

巨人・松原聖弥、ファンも呆れた「致命的ミス」 「あそこは自分をアピールする場面ではない」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球の巨人が2021年3月10日、ペイペイドームでソフトバンクと対戦し1-1で引き分けた。

   試合は巨人、ソフトバンクの両先発が好投し、5回まで両チーム無得点。6回に巨人の2番手・高梨雄平投手(28)が1点を許したが、9回にソフトバンクの育成・大関友久投手(23)から1点を奪い同点とし連敗を逃れた。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

積極的な走塁が裏目に

   日本シリーズ、オープン戦を含めソフトバンクに12連敗中の巨人は、この日もソフトバンク先発・武田翔太投手(27)の投球に苦しんだ。直球とカーブ主体の投球に翻弄され、5回2安打に抑え込まれた。その後もソフトバンク投手陣を打ち崩せず、8回まで得点出来ず、9回に1点を返すのがやっとだった。

   好機はあった。1点ビハインドの8回、2死から梶谷隆幸外野手(32)が左中間を破る2塁打で出塁し、一打同点の場面で松原聖弥外野手(26)が打席に入った。松原は145キロのストレートをレフト前にはじき返し、2塁走者の梶谷はホームを狙わず3塁でストップ。松原は首脳陣の期待に見事応えたと見えたが、その後がまずかった。

   松原はレフトからホームへの返球の間に果敢に2塁を狙いタッチアウト。タイミング的に2塁を狙うのは難しく、積極的な走塁が裏目に出てしまった。同点、さらに逆転の機会を演出するはずが、自身の走塁ミスで帳消しになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中