2021年 12月 6日 (月)

SixTONES松村北斗の「ギャップ沼」に溺れよう 演技派俳優とアイドル...それぞれの素顔に迫る

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

京本大我とは「ビジネス不仲」?

   こうして着実に役者としてのキャリアを積み重ねている松村は、独特の空気感を持っている。年相応にはしゃぐ場面も少なくないが、メンバーの中では比較的落ち着いているタイプ。

   一見そっけなく見えることもあるが、グループやメンバーにしっかり愛情を持っており、以前森本慎太郎がインスタライブをやった際には約10分間、嬉しそうに喋り続けていたこともある。

   他にも、松村にしか着こなせないであろうファッションを度々披露したり、ウィットに富んだワードチョイスでツッコミを入れたり......。公式YouTubeチャンネルにアップされている動画を少し見ただけで、それらが伝わってくる。

   ちなみに、松村と京本大我の関係性は"ビジネス不仲"と言われている。当初こそ「不仲なのか?」と思える雰囲気があったものの、最近のYouTubeやラジオでのやり取りを見ると、"ビジネス不仲"もネタとして活かしているようだ。ぜひ注目してチェックしてみてほしい。

   さらに、松村の色気あるパフォーマンス力にも注目だ。例えば「僕が僕じゃないみたいだ (Music Video) [YouTube Ver.]」。彼の演技のせいだろうか。これだけポップな曲調にもかかわらず、松村の表情や動きからはどこか色気を感じることができる。

   様々な表情を見せてくれる松村は、実に奥が深い。観察すればするほど、彼の沼にハマってしまうはずだ。

高橋梓
フリーライター。アイドルやアーティストのコラム、インタビュー、ライブレポートなどをメインに執筆中。歌とアニメとレモンサワーが好き。
Twitter:@azumaMIC
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中