2021年 5月 9日 (日)

投手のクセ、どう見抜く? 元日本代表コーチ語る「見破り」と「修正」めぐる攻防

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「トラックマンが導入されはじめてからクセが...」

「トラックマン(高性能弾道測定器)が導入されはじめてからクセが分かりづらくなったと思います。トラックマンは細かい動作解析が出来るので、肉眼では分からないようなところの違いが分かる。セットポジションで変化球を投げる時と真っすぐを投げる時の2つの画面を重ね合わせたりすると、どこがどう違うかが一目瞭然となる。グラブのふくらみであったり、高さ、角度、リリースポイントだったり。投手はそれをみてクセが出ないように修正するようになりました」(橋上氏)

   ハイテク技術の導入によって変化を見せる球界だが、過去には投手のクセを巡る様々なエピソードがあったという。橋上氏はそのなかのひとつを教えてくれた。

「2013年のWBCのオランダ戦(2次ラウンド)でした。オランダの先発投手(コルデマンス)にはっきりわかるクセがありました。バッターボックスからも分かり易い球種のクセが出てました。コルデマンス投手は何種類か変化球を持ってましたが、すべてクセがありました。確か一番のメインはチェンジアップだったと思います。それもはっきり分かるクセがありました」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中