2021年 10月 26日 (火)

ロマゴンVSエストラーダ、接戦なのに「6ポイント差」 大差採点が波紋...WBAがジャッジの資格一時停止

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   世界ボクシング協会(WBA)は2021年3月14日(日本時間15日)、米テキサス州で行われたWBA、WBC世界スーパーフライ級タイトル戦でジャッジを務めたカルロス・スクレ氏の資格を一時停止することを発表した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

試合直後から大差採点に疑問の声が

   WBA、WBC世界スーパーフライ級のタイトル戦は2団体王座統一戦として3月13日に米テキサス州で行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が、WBA同級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)を2-1の判定で破り、王座統一に成功した。

   王者同士のプライドがかかった一戦は、序盤から激しい打ち合いとなり一進一退の攻防が続いた。試合は判定までもつれこみ、2-1でエストラーダに軍配が上がった。採点はジャッジ2人がエストラーダを支持。内訳は117-111、115-113で、残る1人は115-113でゴンサレスの勝利を支持した。

   試合内容は接戦だったため採点も僅差であると予想されたが、カルロス・スクレ氏は6ポイント差でエストラーダを支持。海外の専門家や関係者の間では試合直後からこの大差採点を疑問視する声が上がっており、波紋を広げていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中