2021年 4月 17日 (土)

巨人開幕ローテ「6枠目」は誰だ 高橋優貴に黄信号の中...野上亮磨が急浮上する理由

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球・巨人の開幕ローテーションの「6枠目」を巡る争いが繰り広げられている。

   巨人は2021年3月14日、甲子園で阪神とオープン戦を行い0-1で敗れた。先発・高橋優貴(24)が4回に佐藤輝明外野手(22)にソロ本塁打を許し、これが決勝点となった。高橋は5回3安打1失点にまとめたものの、試合後ファーム降格が決定し開幕ローテ入りが遠のいた。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

原監督、宮本コーチは高橋に厳しい言葉を

   開幕ローテ入りを目指す高橋にとっては厳しい評価だった。この日は5回65球3安打で、許した得点は阪神のルーキー佐藤のソロ本塁打のみ。大きく崩れなることなく5回を投げ切った高橋に対して首脳陣の反応は芳しくなく、原辰徳監督(62)、宮本和知投手チーフコーチ(57)ともに厳しい言葉を並べた。

   現時点で開幕ローテ当確とみられるのは、開幕投手の菅野智之(31)、戸郷翔征(20)、エンジェル・サンチェス(31)、今村信貴(27)、井納翔一(34)の5人だ。当初、高橋は貴重な左腕としてローテの6番目が有力視されていたが、開幕まで2週間を切った時点で首脳陣の信頼を得られていない。

   ファーム降格が決まったとはいえ、高橋のローテ入りの可能性が完全に消滅したわけではない。今後、ローテの6枠目をドラ1ルーキー平内龍太(22)、畠世周(26)らと争う形になる。6枠目の争いが注目されるなか、候補として浮上するのが野上亮磨(33)だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中