2021年 9月 23日 (木)

「チケットストリート」サービス終了へ コロナ禍で打撃、エンタメ市場縮小に伴い

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大手チケット売買仲介サイト「チケットストリート」が、2021年5月末で終了する。運営会社がこのほど、発表した。

   終了の理由を「コロナ禍によるスポーツ観戦市場、ライブ・エンタテイメント市場の縮小によるものです」と説明している。

  • チケットストリート公式サイトより
    チケットストリート公式サイトより
  • チケットストリート公式サイトより

パ3球団との提携解消

   チケットストリートは2011年に開始。「日本最大級の公演チケット売買仲介サイト」をうたい、多くの利用者を集めていた。

   しかし、19年6月からチケット不正転売禁止法が施行され、二次流通サービスへの風当たりが強まった。20年9月には、転売目的で不正入手されたチケットの売却を仲介したとして、運営会社「チケットストリート」(東京都品川区)の社長らが、盗品等有償処分あっせん容疑で書類送検(不起訴)された。

   21年1月には、プロ野球・北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズとの「公認リセールパートナー」解消も発表している。

   サービス終了は3月1日に発表された。チケットストリート社は16日、J-CASTニュースの取材に、終了の理由を「コロナ禍によるスポーツ観戦市場、ライブ・エンタテイメント市場の縮小によるものです」と説明する。

   今後の事業展開については「申し訳ありませんが、回答を差し控えさせていただきます」とした。公式サイトでは利用者の必要な手続きを案内している(https://help.ticket.st/--603c6c991a693e001cdab2ae

   チケット売買仲介サービスをめぐっては、IT大手ミクシィの子会社が運営する「チケットキャンプ」も、18年5月に終了している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中