2021年 5月 6日 (木)

巨人・大城卓三のリードに「意図が見えない」 守備重視なら小林誠司?打率低迷もG党期待

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

サンチェス「相棒」として存在クローズアップ

    今シーズン、巨人の正捕手は、大城、炭谷銀仁朗(33)、小林誠司(31)、岸田行倫(24)らで争われているが、現段階で大城が大きくリードしている状況だ。オープン戦では持ち味の打撃で存在感をみせ、17日時点で打率.304をマークしている。「打てる捕手」として首脳陣の信頼を勝ち取りつつある大城だが、リード面においては課題を残す。

    また、16日に行われた中日とのオープン戦ではエンジェル・サンチェス投手(31)が先発し、大城がマスクを被った。サンチェスは5回3分の1を投げて4安打3失点と、課題を残す内容だったが、ネット上では大城との「相性」を問う声が上がり、サンチェスの「相棒」として小林の存在がクローズアップされた。

    その小林はオープン戦で打率1割台と低迷が続いており、課題克服に至っていないのが現状だ。それでもリード、守備力における評価は変わらずに高い。G党の期待も大きく「正捕手返り咲き」を願う声は決して少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中