2021年 4月 20日 (火)

ゲストの「ブタ変身」演出、NHK・Eテレ番組が意図説明 ねほりんぱほりん公式「念のためのツイートでした」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京オリンピック・パラリンピック開閉会式の統括責任者であるクリエーティブディレクター・佐々木宏さんが、お笑いタレントの渡辺直美さんを「ブタ」に変身させる演出案を提案していたと、週刊文春が報じた。

   そうした中、NHK・Eテレの人気番組「ねほりんぱほりん」が2021年3月18日、ゲストをブタのぬいぐるみに変身させる演出についてツイッターで説明した。

  • ねほりんぱほりん公式ツイッターより
    ねほりんぱほりん公式ツイッターより
  • ねほりんぱほりん公式ツイッターより

単語をさかさまにすると...

   番組公式サイトの説明によれば、「ねほりんぱほりん」は、聞き手の山里亮太さんを「ねほりん」、YOUさんを「ぱほりん」というモグラに、顔出しNGのゲストをブタのぬいぐるみに「変身」させて、ディープな世界を聞きだすトーク番組。番組オープニングでは聞き手2人がモグラとして地中を掘り進める演出があり、まさに「根掘り葉掘り」聞き出すために「モグラ」であることが分かる。

   ゲストを「ブタ」にする演出について18日、ツイッター上でこのように説明した。

「ねほりんぱほりんのゲストはブタですが、これは『タブー』を逆さまに、ということで決まったことです。念のためのツイートでした」

   これまで登場したゲストには、元薬物中毒者や元極道、元詐欺師などもおり、まさに「タブー」が語られる番組だった。

   これを受けて視聴者からは、「モグラはわかるけどブタの方は全く考えたこともなかった!!」、「こちらのブタさんにはそんな隠れた意味があったのですね」と納得する声が寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中