2021年 4月 23日 (金)

東京五輪公式ショップ、半数以上が五輪前に閉店 なぜこんなことに?事務局に聞いた

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京五輪の公式グッズを取り扱う都内のライセンスショップが、五輪開催前に早くも閉店したとツイッターで紹介され、驚く声が漏れている。

   店の貼り紙には、「諸般の事情」とあったが、どんな事情があったのか。

  • 21日に閉店予定となった府中店(写真は、シキ@kokusairengoさん提供)
    21日に閉店予定となった府中店(写真は、シキ@kokusairengoさん提供)
  • 【画像】府中店の店舗正面に出された貼り紙(写真は、シキ@kokusairengoさん提供)
    【画像】府中店の店舗正面に出された貼り紙(写真は、シキ@kokusairengoさん提供)
  • 21日に閉店予定となった府中店(写真は、シキ@kokusairengoさん提供)
  • 【画像】府中店の店舗正面に出された貼り紙(写真は、シキ@kokusairengoさん提供)

「東京オリンピック、大丈夫ですか?」

   この店は、東京都府中市内にある「府中店」だ。京王線・府中駅の駅ビルにあるショッピングゾーン「ぷらりと京王府中」の2階と好立地にある。

   ツイッターでは2021年3月17日、店舗の正面とともに、「お客さま各位」とした貼り紙の写真も投稿された。貼り紙では、3月21日をもって閉店すると告げられ、客への感謝の言葉が添えられている。

   この投稿は、1万件以上もリツイートされ、「オフィシャルショップなのに閉店って・・・」「東京オリンピック、大丈夫ですか?」「聖火リレー開始にすら持たなかった訳ですね」などと五輪の今後を懸念する声も出た。

   実は、五輪の公式ショップが閉店するのは、府中店が初めてではない。

   新聞報道によると、五輪の延期が決まった20年3月24日から2日間ぐらいは、早めに買わないとなくなると心配したらしい客が大勢詰め掛け、売り上げが伸びた。しかし、緊急事態宣言後は、4月末には全国で89店あった公式ショップは、商業施設内にあってともに休業したり、営業時間を短縮したりするケースが相次いだ。

   5月12日には、コロナ禍を受けて、都内の銀座、新宿東口、上野の3店、大阪の心斎橋店を同31日、神奈川の横浜東口店を6月2日、それぞれ閉店すると大会組織委が発表したと、各紙が報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中