2021年 4月 17日 (土)

橋本奈々未、齋藤飛鳥、小坂菜緒... 坂道メンバーはなぜ「他人の不幸話」が大好きなのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「ハッピーオーラ」がグループのチャームポイントで、どんな企画にもメンバーが全力で体当たりしていく日向坂46。和気あいあいとしているだけでなく、不幸や失敗談すらもネタにしようとする貪欲さも持っている。「エース」と呼ばれる小坂菜緒さんもその1人だ。

  • 「いかに笑えるか」で不幸エピソードを昇華させたことも(2017年撮影)
    「いかに笑えるか」で不幸エピソードを昇華させたことも(2017年撮影)
  • 橋本さんの「不幸話をネタにする」発想も企画の幅を広げた(2016年撮影)
    橋本さんの「不幸話をネタにする」発想も企画の幅を広げた(2016年撮影)
  • 「いかに笑えるか」で不幸エピソードを昇華させたことも(2017年撮影)
  • 橋本さんの「不幸話をネタにする」発想も企画の幅を広げた(2016年撮影)

「また人の不幸をネタに楽しんでいる」

   2021年3月22日未明放送の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)でもそんな瞬間が見られた。そして小坂さんの貪欲さは、姉妹グループのメンバーとも共通しているようだ。

   番組ではランダムで寿司を選び、わさび無しを選んだ方が勝利する「タイマンロシアンわさび寿司対決」を放送。出場した小坂さんは2回戦で金村美玖さんを指名、「勝てないなと思っちゃてて・・」と自信無さげな金村さんを横目で見ながらほくそ笑み、「必死な人を笑ってるの?」とオードリー・若林正恭さんに突っ込まれていた。

   そしてわさび入りの寿司を食べてしまった敗者・金村さんの横で笑う勝者・小坂さんの様子に、ネット上では「また人の不幸をネタに楽しんでいる」と視聴していたファンからの突っ込みが上がっていた。

   もっとも、その金村さんも2019年10月に「日向坂で会いましょう」の動物園ロケ中に富田鈴花さんがチンパンジーから唾液を吐きかけられたハプニングの時に笑っている様子をがっつり放映され、後にオードリー・春日俊彰さんからもこのエピソードを指摘されるほど、他人の不幸が好きなキャラクターが定着している。

   ハプニングや失敗談もバラエティーのネタにしてみせる意気込みは共通しているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中