2021年 4月 16日 (金)

元巨人コーチに聞いた「阪神優勝のシナリオ」 16年ぶりリーグ制覇のための「必要条件」とは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球の公式戦が3月26日にセ・パ両リーグで開幕する。

   昨シーズン、セ・リーグは巨人が2連覇を達成し、パ・リーグはソフトバンクが制した。日本シリーズではソフトバンクが圧倒的な強さを見せ日本一の座に輝いた。2021年シーズンのプロ野球界はどのような展開を見せるのか。

   J-CASTニュース編集部は、巨人、楽天などでコーチを歴任した橋上秀樹氏(55)に今シーズンのセ・リーグの順位予想をしてもらった。

  • 阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)
    阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)
  • 橋上秀樹氏が予想する2021年シーズンの順位表
    橋上秀樹氏が予想する2021年シーズンの順位表
  • 阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)
  • 橋上秀樹氏が予想する2021年シーズンの順位表

「今年も巨人の強さは抜けている」

   橋上氏が1位に予想したのがリーグ3連覇を狙う巨人だ。オフにはフリーエージェント(FA)でDeNAから梶谷隆幸外野手(32)と井納翔一投手(34)を獲得し戦力補強に成功した。メジャーリーグを目指していたエース菅野智之投手(31)が残留したこともチームに与える影響は大きいだろう。

「戦力的にみて1位は巨人と予想します。他球団が外国人選手の動向を含めてマイナス要素がみられるなか、巨人は外国人選手の依存度が他のチームに比べて低い。補強でいえば、FAでDeNAから梶谷選手と井納投手を獲得しました。リーグ優勝した昨シーズンと比較して『投・攻・守』全てにおいてプラス要素が多い。今年も巨人の強さは抜けていると思います」(橋上氏)

   橋上氏が巨人追撃の一番手として2位に予想したのが阪神だ。

   オープン戦ではドラ1ルーキー佐藤輝明内野手(22)が大活躍し、打線に活気をもたらした。投手陣では復活の兆しを見せる藤浪晋太郎投手(26)が開幕投手に抜擢され、マルテ内野手(29)、サンズ外野手(33)ら外国人選手は早々とチームの合流し順調に調整している。今年の阪神は何かが違う...。16年ぶりのリーグ制覇に向け、虎党の期待は高まるばかりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中