2021年 10月 21日 (木)

「絶対に結んでレンチンしないで」「破裂します」...「アイラップ」公式アカウントが注意

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   袋型の食品ラップ「アイラップ」の誤った使用方法が広がっているとして、販売する「岩谷マテリアル」のアイラップ公式ツイッターアカウントは2021年3月28日、調理する際に注意するよう投稿した。

   J-CASTニュースの取材に応じた公式アカウントの担当者によると、40年以上前にこの商品が企画された当時は「ポリ袋で調理することを前提にしていなかった」と話す。食品の温めに使う程度は想定していたものの、危険な場合もあり調理に用いる際には注意すべき点があるという。

  • ツイッター担当者が訴える注意点とは
    ツイッター担当者が訴える注意点とは
  • 担当者が電子レンジで調理を行う際の注意点として強調したのは、「耐熱皿を用意すること」と「密封しないこと」。
    担当者が電子レンジで調理を行う際の注意点として強調したのは、「耐熱皿を用意すること」と「密封しないこと」。
  • パッケージに複数箇所に注意書きを記載
    パッケージに複数箇所に注意書きを記載
  • パッケージに複数箇所に注意書きを記載
    パッケージに複数箇所に注意書きを記載
  • ツイッター担当者が訴える注意点とは
  • 担当者が電子レンジで調理を行う際の注意点として強調したのは、「耐熱皿を用意すること」と「密封しないこと」。
  • パッケージに複数箇所に注意書きを記載
  • パッケージに複数箇所に注意書きを記載

「電子レンジでご使用の際は、絶対に結ばず耐熱皿を敷いてください」

   公式アカウントの担当者によれば、袋を結んで電子レンジにかけているような写真が、複数のネットニュースに掲載されていたという。

「袋を結んでしまうと温めた時に湯気(水蒸気)の逃げ道がなくなり、限界まで膨らむと破裂してしまいます。
大変高温になっており火傷に繋がる可能性や事故に繋がる可能性があるため、パッケージに複数箇所に注意書きを記載しております。」

   担当者が電子レンジで調理を行う際の注意点として強調したのは、「耐熱皿を用意すること」と「密封しないこと」だ。

「電子レンジでご使用の際は、絶対に結ばず耐熱皿を敷いてください」

   また高温調理の際にも耐熱皿を用意するように呼び掛けている。

「アイラップは耐熱温度120℃のポリ袋です。湯せん時には鍋底に必ず耐熱皿を敷き、鍋肌につかないようにしてください。(お湯は100℃でも鍋の下は熱源で数百度あります。そこに付着すれば簡単に穴があいてしまいます。)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中