2021年 5月 6日 (木)

開幕3連敗ヤクルト、投壊&打線沈黙の深刻さ 主力野手も離脱...OB「浮上する要素が少なすぎる」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

開幕から状態上がらず「深刻な状況にある」

   開幕から状態が上がらないチームに対してヤクルトOBは「深刻な状況にある」と指摘し、次のように語った。

「ヤクルトはこれまでも投手力の弱さを指摘されてきたが、それを強力な打線で補ってきた。今シーズンの投手力は、オフの補強を見ればある程度想定内でしょう。それ以上に気なるのが打線です。とくに山田が気がかりです。オープン戦からバットが振れていない。投打にわたって現状、チームが浮上する要素があまりにも少なすぎる」

   開幕から白星のないヤクルトは30日に横浜スタジアムでDeNAと対戦。先発のマウンドにはスアレス投手(31)が上がる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中