2021年 4月 20日 (火)

平良抹消に漂う絶望感 DeNAの厳しすぎる選手事情に「名前だけ見たらファーム」の声

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   DeNAが28日の開幕3戦目・巨人戦(東京ドーム)で1-1と引き分け。開幕3連敗を逃れたが、先発ローテーションが早くも危機的状況を迎えている。

   状態が気になるのが29日に登録抹消された平良拳太郎だ。28日の巨人戦で、5回まで1人の走者も塁に出さない完全投球だったが、6回に先頭打者の大城卓三に初安打となる二塁打を許すと、右ひじの張りを訴えて降板した。

  • 外国人の合流まで耐えられるか
    外国人の合流まで耐えられるか
  • 外国人の合流まで耐えられるか

新外国人は「陽性反応」で泣きっ面に蜂

「開幕投手は浜口遥大が務めましたが、エース格は平良です。試合を作る能力が高く、昨年は14試合に登板し、防御率2.27と抜群だった。今季は2ケタ勝利が期待される中で、この戦線離脱は痛いです。代わりになる投手はなかなかいないですから...」(スポーツ紙DeNA担当記者)

   DeNAは主力投手が故障で長期離脱するケースが相次いでいる。昨年11月に左肩を手術したエース左腕・今永昇太は近く実戦に復帰する見通しだが、まだ1軍復帰のメドは立っていない。18年に11勝をマークして新人王を獲得した左腕・東克樹も昨年2月にトミー・ジョン手術を受け、1軍のマウンドは早くても後半戦以降になる予定だ。

   先発の台所事情が苦しい中、開幕戦に先発した浜口遥大は3回6失点KO、2戦目の先発に抜擢された京山将弥も4回4失点と巨人打線に打ち込まれた。

   さらに、先発の一角として期待されている新外国人のフェルナンド・ロメロが27日に成田空港で実施したPCR検査で無症状ながら新型コロナウイルスの陽性反応があり、成田空港検疫所指定の施設で隔離されている。2軍で実戦登板を経て1軍合流になる見込みで、1カ月以上はかかりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中