2021年 7月 29日 (木)

DeNA山崎康晃は「守護神」の座を取り戻せるか 球団OBが指摘する課題と懸念

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球のDeNAは2021年3月30日、横浜スタジアムでヤクルトと対戦し4-5の逆転負けを喫した。

   DeNAは初回、ヤクルト先発スアレス(31)から3本のヒットを放ち2点を先制。3回には連続2塁打で1点を追加しリードを広げた。先発・大貫晋一(27)が7回を1失点で抑えリリーフ陣に後を託すも、8回に2番手・石田健大(28)、3番手・山崎康晃(28)が打ち込まれ4点を失い逆転負けした。

  • 山崎康晃投手(写真:Penta Press/アフロ)
    山崎康晃投手(写真:Penta Press/アフロ)
  • 山崎康晃投手(写真:Penta Press/アフロ)

クローザー返り咲きは厳しい道のりに

   3点リードの8回、DeNA「勝利の方程式」がヤクルト打線につかまった。

   大貫の後を任された石田は先頭の山崎晃大朗外野手(27)に粘られ四球で歩かせた。後続2人を打ち取ったものの、山崎に盗塁を許し4番・村上宗隆内野手(21)に四球を与え2死1、2塁のピンチに。ここで内川聖一内野手(38)にセンター前にはじき返され1点を失いマウンドを降りた。

   2点リードするも2死1、2塁でピンチが続く。苦しい場面で3番手として山崎がマウンドに上がったが、塩見泰隆外野手(27)にレフトフェンス直撃の適時打を許し2失点。続く川端慎吾内野手(33)には右中間を破られ逆転された。

   今季クローザー返り咲きを目指す山崎だが完全復活への道のりは険しいものになりそうだ。昨季は開幕から不調が続き、シーズン途中で2軍落ちを経験し防御率5.68に終わった。長年守り続けてきた守護神の座を三嶋一輝(30)に明け渡すなど屈辱のシーズンを過ごし、今季は2軍からのキャンプで出直しを図った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中