2021年 11月 28日 (日)

原作と違っても...「めっちゃ眼福」「息できない」 ドラマ「カラフラブル」主演コンビに視聴者悶絶

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「おじカワ」スタッフ再集結に期待

   その後、ともに仕事のトラブルの乗り越えた2人。メイクやネイルなど一般的に女性らしい趣味を持っていることで悩んでいた高校時代の周は、当時和子に「せっかく顔が可愛らしいのに髪で隠したらもったいない」「自信を持って」と勇気づけられたことへの感謝を述べ、改めて告白。和子も「同担になってもいいですか。顔新規なのでまずは...」と友達から始めたいと前向きな好意を伝えるのだった。

   原作は、かわいすぎる周と、彼氏が最推しな和子が繰り広げるラブラブ同棲生活がメイン。一部視聴者からはそれら相違点を指摘する声もあがったが、主演2人のビジュアルと、ほのぼのとしたやりとりに対し、

「めぐわこが可愛すぎて息できない」
「ヒロインの吉川愛ちゃんが綺麗系の顔立ちでヒーローの板垣李光人が可愛い系なので、2人揃ってるとバランス良い...」
「まじで、尊い。尊すぎる! もう...なんなのよ。可愛すぎかて、面白いし、なんか泣けるし、推しを見てるわこちゃんまじで共感というかもう最高! 来週も楽しみすぎる!」
「めっちゃ眼福」

などと悶絶する声が続出した。

   また、同ドラマのスタッフが、2020年8月に放送された俳優の眞島秀和さん主演のドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(日本テレビ系)と同じだということについて、「さすがおじカワスタッフさん 癒しとオタクを描くのがうまい」「脚本とか監督とかスタッフさん再集結だしおじカワと同じくらいハマりそう」などと今後に期待を寄せる声もあがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中