2021年 8月 3日 (火)

大学の過密授業に「この状態では危険です」 近大職員が告発ツイート、広報「対策会議を設けた」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   近畿大(大阪府東大阪市)の教職員組合が、授業の過密ぶりに危機感を覚え、大学側に改善を求めている。

   同大では今年度から対面授業を原則としている。履修登録期間中ということもあり、一部授業で想定以上に学生が集まってしまった。

  • 近畿大公式サイトより
    近畿大公式サイトより
  • 一部の授業風景(近畿大教職員組合ツイッターより)
    一部の授業風景(近畿大教職員組合ツイッターより)
  • 近畿大公式サイトより
  • 一部の授業風景(近畿大教職員組合ツイッターより)

大阪は感染者急増中...

   大教室に大学生がところ狭しと並び、"密"状態に――。近畿大教職員組合は2021年4月7日にツイッターで、同日から始まった授業風景を写真で伝えた。

   組合は「フル定員での教室使用なのでこのような密集状態となっています」と状況を説明し、「対面とオンラインをうまく併用すれば、このようなことにならずに済むのですが、この状態では危険です」と訴えた。

   投稿は広く拡散し、「大阪は感染者急増中ですから、特に心配です」「対面かオンラインかの議論以前に、この人口密度の高さは今すぐ解消しなければならないのでは」などさまざまな意見が寄せられている。

   大学広報室は8日、J-CASTニュースの取材に「写真を見てご不安に思わる方も多いと思いますが、昨日のうちに対策会議を設けました」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中