2021年 12月 6日 (月)

巨人「助っ人合流」で貧打解消なるか? メジャー196発&96発の外国人2選手に「起爆剤」の期待

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

巨人新外国人、16日にも1軍デビューか

   リーグ3位につける巨人にも動きがありそうだ。

   新外国人のジャスティン・スモーク内野手(34)とエリック・テームズ外野手(34)が早ければ16日のDeNA戦で1軍デビューする可能性が出てきた。2人はすでに隔離期間を終えており、実戦形式のシート打撃などを踏まえコンディション次第では即1軍デビューがありそうだ。

   巨人は新型コロナウイルスの影響で丸佳浩(32)、中島宏之(38)、ウィーラー(34)、若林晃弘(27)らを欠き苦しい戦いを強いられている。主砲・岡本和真(24)は不振にあえぎ、新加入の梶谷隆幸(32)は打率2割に満たない。打線の不振は深刻で、チーム打率.218はリーグワーストの数字だ。

   スモークとテームズの合流は、現状の巨人に足りないピースを補うものになりそうだ。16日に1軍デビューとなれば、実戦感覚をどれだけ取り戻せるか疑問が残るものの、メジャー通算196発のスモークとメジャー通算96発のテームズが打線の起爆剤となる可能性は十分にあるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中