2021年 5月 9日 (日)

大瀬良大地の「FA移籍」はありえない? 「広島を出ていく要素ない」鯉党が自信満々のワケ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

    プロ野球・広島の大瀬良大地投手(29)が2021年4月14日、出場選手登録日数が7年に達し国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。

    スポーツ各紙によれば、大瀬良はこの日、FA権に関しては明言を避け、シーズンに集中する姿勢を見せた。とはいえ、今オフの目玉ともいえる「大物右腕」のFA権取得に、早くも大きな注目が集まっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

FA権行使すれば広島は全力で引き留めか

    大瀬良は13年のドラフト会議で広島から1位指名を受けて入団。ルーキーイヤーの14年には10勝を挙げ新人王に輝いた。17年から3年連続で2ケタをマークするなど先発の柱としてチームをけん引。18年には自己最多の15勝をマークし、最多勝のタイトルを獲得している。

    大瀬良は今季、3年連続で開幕投手を務め、ここまで3試合に登板して2勝をマーク。防御率0.89と安定感抜群の投球を見せている。昨季は夏場にコンディション不良で出場選手登録を抹消され、9月に右肘の手術を受けそのままシーズンを終了。5勝4敗と不本意なシーズンとなったが、今季は完全復活を思わせる内容が続いている。

    プロ8年間で通算59勝の右腕は、リーグを問わずどの球団にとっても魅力的な投手であることに間違いないだろう。仮に今オフ、大瀬良がFA権を行使すればセ・パ両リーグによる争奪戦になることは必至で、広島は全力で引き留めにかかるとみられる。大瀬良の決断はまだ先のことになるが、多くの鯉党は気が気でないだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中