2021年 10月 26日 (火)

開幕17戦「KOゼロ」、防御率1点台... データを見て分かる、阪神先発陣の「驚異的成績」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   阪神の先発陣の勢いが止まらない。

   プロ野球の阪神は2021年4月15日、甲子園球場で広島と対戦し0-4で勝利した。先発・秋山拓巳(29)が7回3安打無失点の好投を見せ、後を継いだリリーフ陣も得点を許さず完封リレー。2試合連続で広島を完封しチームは5連勝。これで貯金を「9」とし、リーグトップを突っ走る。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

3戦3勝ガンケル「防御率0.96」

   開幕から17試合で13勝。2ケタ貯金に王手をかけ、首位の座をがっちりキープしている。16年ぶりのリーグ制覇へ向けて猛烈な勢いで突き進む阪神だが、この快進撃を支えているのが先発投手陣だ。開幕からここまでの先発陣の成績を追ってみると、驚異的な数字を残していることが分かる。

   今季の阪神の先発ローテーションは、藤浪晋太郎、青柳晃洋、ガンケル、西勇輝、伊藤将司、秋山拓巳の6人で組んでいる。

   4月15日時点でチームは13勝をマークしているが、そのうち11勝が先発投手に付いている。個別に見てみると、ガンケルの3勝がトップで、青柳、西、秋山がそれぞれ2勝。そして藤浪と伊藤が1勝を挙げている。

   防御率では、ガンケルの0.96を筆頭に全ての先発陣が3点以下に抑えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中