2021年 5月 18日 (火)

巨人投壊で再燃する「小林待望論」 捕手起用に不満ぶつけるG党「大城には過保護すぎ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の巨人は2021年4月20日、東京ドームで阪神と対戦し5-10の大敗を喫した。

   先発サンチェス(31)がマルテ(29)の連続アーチを含む3本の本塁打を浴びて3回途中5失点KO。打線が盛り返し一時は1点差まで詰め寄ったものの、リリーフ陣が阪神の一発攻勢にあい失点を重ねた。投手陣が5本塁打を許しての大敗。これで首位阪神とのゲーム差は「4」に広がった。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

ルーキー平内が手痛い1発食らう

   首位攻防戦の初戦を任されたサンチェスは精彩を欠いた。初回、マルテにレフトスタンドに運ばれると、2回は四球で歩かせた中野拓夢(24)を2塁に置き近本光司(26)にタイムリーを許した。3回にはマルテに2ラン、続く大山悠輔(26)にはソロ本塁打。3回はひとつのアウトもとれず、計58球でマウンドを降りた。

   5点ビハインドで迎えた3回、巨人打線が奮起した。先頭・吉川尚輝(26)が2塁打を放ち1死後、松原聖弥(26)が体勢を崩しながらライトスタンドに2ラン。2アウトから梶谷隆幸(32)が安打で出塁し、盗塁を決めて2死2塁。ここで主砲・岡本和真(24)がタイムリーを放ち3点目。5回には梶谷の犠牲フライで1点を追加し、1点差まで詰め寄った。

   巨人の反撃ムードが高まる中、6回に2番手・平内龍太(22)がサンズ(33)に手痛い一発を浴びた。7回には4番手・高木京介(31)が2死満塁のピンチを招き、梅野隆太郎(29)に2点タイムリーを許した。9回には戸根千明(28)が大山にこの日2本目の本塁打となる2ランを。6回以降、リリーフ陣が5点を失い試合を壊した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中