2021年 5月 14日 (金)

上白石萌音のパラグライダーは「安全確認が不十分だった」  日テレ番組「危険フライト」問題、撮影協力の会社が謝罪

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本テレビ系のバラエティ番組「沸騰ワード10」で、女優の上白石萌音さん(23)が初体験したモーターパラグライダーの危険が指摘されたことについて、体験搭乗を担当した千葉県富津市内のスクール運営会社「スカイエンジェル」は2021年4月21日、公式サイト上などで謝罪した。

  • 上白石萌音さん(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    上白石萌音さん(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 上白石萌音さん(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「安全確認が不十分であった点については誠に申し訳ございません」

   この問題では、パラグライダーのロープを固定する金具のカラビナが開いたままの映像が一時流れて、ツイッター上で騒ぎになった。

   スカイエンジェルでは、強風のよるミスがあったが、一緒に搭乗したインストラクターがすぐにロックしたため危険はさほどなかったとJ-CASTニュースの取材に説明し、日テレの広報部は、「会社が安全確認を行い、その指示に従って撮影した」と取材にコメントしていた。

   スカイエンジェルは、この問題で視聴者らから電話などが相次いだためか、公式サイトが一時閉鎖される状態になっていたが、4月21日昼過ぎになって、公式サイトのトップページ全部を使って、お詫び文を掲載した。

   そこでは、「先日弊社が撮影協力いたしましたモーターパラグライダーの飛行で、不適切なカラビナの扱いがありました」と認め、「スクールを始めて40年近く、『第一に安全なフライトを』と指導をしてまいりましたが、安全確認が不十分であった点については誠に申し訳ございません」と謝罪した。

   また、関係者らに向けても、「ご心配、ご迷惑をおかけした皆様方には、深くお詫び申し上げます」とつづった。

   そのうえで、「今後、皆様に安心して来ていただけるように、安全確認手順を含む運用、機材等の見直しを早急に実施いたします」としている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中