2021年 5月 8日 (土)

「ベビーカーで電車」の悩みを解決? JR東が主要駅でレンタル開始、発案者「インフラ化目指す」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   JR東日本が2021年4月22日、ベビーカーのレンタルサービス「ベビカル」を首都圏主要駅で開始した。

   インターネット上では、ベビーカーで電車を利用することに抵抗があったというユーザーらから、「とっても嬉しい」「便利かも」とサービスの導入に好意的な反応が出ている。

  • ベビカルの設置風景
    ベビカルの設置風景
  • 駅でいろいろ置いている
    駅でいろいろ置いている
  • 駅に設置している風景
    駅に設置している風景
  • 駅での設置風景
    駅での設置風景
  • ベビカルの設置風景
  • 駅でいろいろ置いている
  • 駅に設置している風景
  • 駅での設置風景

サイト上で事前予約もできる

   今回のサービスは、東京駅や新宿駅、横浜駅などの首都圏主要駅18か所でスタートする。利用には公式ウェブサイトの会員登録が必要。ウェブサイト上で予約が可能で、料金は最初の1時間は250円、以降は30分毎に100円がかかる。

   「子供たちと気軽に外出できる社会」の実現を目指したこのサービス。特徴は、駅の外に持ち出すことが可能で、テーマパークや公園でも利用ができること。最大7日間借りることが可能だ。

   駅でのベビーカーレンタルの開始に、ツイッターでは

「ベビーカーで電車乗るの苦手だからとっても嬉しい」
「これ便利だなー電車やバス内のベビーカーってやっぱり気使っちゃうんだよね」
「へー、専用スタンドが駅にできるんだ。地下鉄車内にベビーカーを持ち込むのは避けたいなと思う人が、電車を降りた先で使えるのは便利かも」

といったコメントが出ていた。

   「ベビーカーで電車乗るの苦手」という声が示すように、駅や電車でのベビーカー利用をめぐる問題は、これまでにもたびたび注目を集めてきた。例えば、通勤・退勤ラッシュ時など、混雑する車両では周囲の乗客の目が気になる、といった具合に。

   そうした状況の中で、鉄道会社も様々な取り組みを進めている。例えば、東京メトロが15年9月にベビーカー・車椅子の双方が利用しやすいフリースペースを設けた車両を千代田線に導入。JRなど他社の車両でも、似たようなスペースが導入されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中