2021年 5月 14日 (金)

「もう一息ばい」268時間の過酷企画、励まし合って無事成功 水ダウ・パタパタママの「コンビ仲」に反響

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2021年4月21日に放送されたバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に、お笑いコンビ「パタパタママ」が出演。過酷な企画の中で見せた仲の良さに反響があがっている。

  • 「水曜日のダウンタウン」TBS番組公式サイトより
    「水曜日のダウンタウン」TBS番組公式サイトより
  • 「水曜日のダウンタウン」TBS番組公式サイトより

支給されるのは「今日のラッキーアイテム」のみ

   「パタパタママ」は、1977年生まれの木下貴信さんと73年生まれの下畑博文さんによる96年に結成されたコンビ。芸歴25年で、2011年から拠点を福岡から東京に移している。

   今回挑戦した企画は、「たとえ閉じ込められていても『今日のラッキーアイテム』さえ手に入れば、そのラッキーで脱出できる説」。長野県の雪原にある一軒家内に閉じ込められた2人に支給されるのは、情報番組の星座占いコーナーで発表される「自身の星座の今日のラッキーアイテム」のみ。そのラッキーの力で、長野県から東京まで戻ってくることは可能なのかという、精神的にも肉体的にも過酷そうな内容だ。

   9日目、ラッキーアイテム「大木」によって、密室から脱出するための鍵を手に入れ、意気揚々とドアを開けると、そこは一面の銀世界。想像以上のゴールの遠さに愕然とし、木下さんは物に八つ当たりをすると、「ここまでせなテレビに出られんのやね」と泣き崩れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中