2021年 5月 12日 (水)

小園海斗はカープの救世主になれるか ドタバタ昇格も即活躍...鯉党「唯一の清涼剤に」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球の広島は2021年4月22日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦し4-7で敗れた。

   先発・遠藤淳志(22)が制球に苦しみ3回5四球3失点で降板。チームは5回、7回と2度にわたって同点に追いつき粘りを見せるも8回に痛恨の3失点。これで10勝11敗2分けとし、借金生活に突入した。

  • 小園海斗選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
    小園海斗選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
  • 小園海斗選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

昇格したゲームで1安打2打点をマーク

   4-4の同点で迎えた8回、5番手・塹江敦哉(24)がヤクルト打線につかまった。1死後、古賀優大(22)、川端慎吾(33)に連続安打を許し1、2塁のピンチに。ここで山崎晃大朗(27)に2点3塁打を打たれ、続く元山飛優(22)にスクイズを決められた。同点に追いついた直後の重すぎる3失点となった。

   この日、打線は粘りを見せ、引き離そうとするヤクルトにくらいついた。なかでも輝きを放ったのが、今季初の1軍出場となった小園海斗(20)だ。「チーム事情」により1軍と2軍を行き来するドタバタがあったものの、この日は「8番・遊撃」でスタメン出場を果たし、即結果を残した。

   今季1軍での初打席となった2回、2死1、2塁の場面でライト前に運び同点タイムリー。4回には再び得点チャンスに打席に立った。1死1、3塁でセカンドゴロに倒れるも、併殺崩れの間に1点追加。この日2打点目をマークした。6回には無死1塁の場面できっちり送りバント決めチームに貢献した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中