2021年 10月 17日 (日)

「顔パス」で飛行機に乗れる? 成田・羽田の国際線で実証実験...記者が試したその実力

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   成田、羽田の両空港で顔認証システムを使用して「顔パス」で手続きを行うための実証実験が進んでいる。2021年4月23日に羽田空港で報道関係者向けの体験会が開かれた。

   顔認証の導入で時間短縮が期待できる上、書類や機器に触れる機会が減る分、新型コロナウイルス感染のリスクを下げることにもつながる。ただ、国際線に乗る際には、今は渡航先の国や地域がPCR検査の陰性証明を求めていることが多い。そのため、一度は係員がカウンターで証明書を確認することが必要だ。こういった作業をいかにして自動化するかも今後の課題だ。

  • パスポートを読み取らせて顔写真を撮影。パスポート内の写真データと付き合わせて認証する仕組みだ
    パスポートを読み取らせて顔写真を撮影。パスポート内の写真データと付き合わせて認証する仕組みだ
  • 自動手荷物預け機では、カメラを見つめると本人確認ができる
    自動手荷物預け機では、カメラを見つめると本人確認ができる
  • 搭乗券がなくても、顔認証で保安検査場に進めるようになる
    搭乗券がなくても、顔認証で保安検査場に進めるようになる
  • パスポートを読み取らせて顔写真を撮影。パスポート内の写真データと付き合わせて認証する仕組みだ
  • 自動手荷物預け機では、カメラを見つめると本人確認ができる
  • 搭乗券がなくても、顔認証で保安検査場に進めるようになる

自分の顔を撮影してパスポート内の写真データと突き合わせる

   空港でパスポートや搭乗券を確認されるチェックポイントは多い。自動チェックイン機を使う場合、実際に飛行機に乗るまでに(1)チェックイン(2)荷物の預け入れ(3)保安検査場(4)出国審査(5)搭乗ゲート、の少なくとも5回が必要だ。

   今回実証実験が進んでいる顔認証システム「Face Express」(フェイスエクスプレス)では、出国審査以外の手続きで、パスポートや搭乗券がない状態の「顔パス」ができるようになる。出国審査でも顔認証は取り入れられているが、「Face Express」とは連動していない。

   チェックインが終わって搭乗券を受け取っている場合、「顔パス」の大まかな流れは、こうだ。登録機にパスポートを読み取らせて、その場で自分の顔を撮影。パスポートのICチップに記録されている顔写真データと付き合わせて本人を確認する。次に搭乗券を読み取らせて、航空会社のデータベースと照合する。登録しようとしている人がパスポートの持ち主で、その日の便の予約を持っているか確認する仕組みだ。

   この手続きにかかるのは1分程度だ。自動チェックイン機を使えば、チェックインと「Face Express」への登録をまとめて行うこともできる。

   この手続きさえ終われば、その後の自動手荷物預け機、保安検査場、搭乗ゲートでは、カメラに顔を向けるだけでいい。顔認証の際にはマスクをずらす必要がある。記者は眼鏡をかけていないが、伊達眼鏡をかけた状態でも問題なく認証できた。「普段は眼鏡をしているが、パスポートの写真は眼鏡を外して撮った」といったケースでもスムーズに利用できそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中