2021年 10月 22日 (金)

投手陣は踏ん張ってるのに...中日「4併殺」敗北に竜党イライラ 不満の矛先は与田監督「采配」にも

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球の中日は2021年4月29日、バンテリンドームで阪神と対戦し2-6で敗れた。

   中日は先発・福谷浩司(30)が苦しみながら6回4失点でしのぐも打線が援護出来なかった。この日は4つの併殺を記録し拙攻続きで得点機会をことごとく潰した。阪神先発チェン・ウェイン(35)の前に6回まで犠牲フライの1点にとどまり、逆に9回には2点をダメ押しされ完敗。チームは今季初の同一カード3連勝を逃した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

無死満塁もわずか1得点...

   この日最初の併殺は1点ビハインドの2回だった。先頭の高橋周平(27)がセンター前に運び無死1塁。続く阿部寿樹(31)が、阪神先発チェンのチェンジアップをひっかけてショートゴロ。まず1つ目のダブルプレーが成立した。

   続く3回、1死1塁の場面で京田陽太(27)の打球は1塁ゴロに。当たりは良かったもののこれをマルテ(29)が冷静に処理してダブルプレーが成立した。

   そして3点差を追いかける7回には、点差を詰める絶好の機会でまたもダブルプレーによってチャンスが消滅した。無死満塁で木下拓哉(29)がショートゴロ。この日3つ目のダブルプレーの間に1点を追加したが、続く根尾昂(21)が三振に打ち取られ、結局、この回は1得点にとどまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中