2021年 6月 23日 (水)

7安打ゼロ得点、3連戦わずか3点 広島、巨人に勝てないのは「監督の差」か...指揮官に鯉党不満

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の広島は2021年5月5日、マツダスタジアムで巨人と対戦し0-4で敗れた。

   先発・高橋昂也(22)が6回4安打1失点の好投を見せたが打線の援護がなく黒星が付いた。広島打線は立ち上がりに苦しんだ巨人先発サンチェス(31)を攻めきれず、巨人投手陣から7安打を放ちながらも得点できず。チームはこれで6連敗(1分け挟む)となり、借金は「5」に膨らんだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

7回には「不運」な失点も

   初回、先制の機会を拙攻で潰した。

   先頭・菊池涼介(31)がセンター前ヒットで出塁し無死1塁。制球が安定しないサンチェスは2番・羽月隆太郎(21)に対してボールが先行し2ボールになる。羽月は3球目にバントを試みるもファールとなり、4球目に再びバント。これが捕手へのゴロとなり菊池が2塁でアウトになりバントは失敗に終わる。3番・鈴木誠也(26)はショートゴロでダブルプレーとなり、チャンスを広げることが出来なかった。

   3回には8番・小園海斗(20)が1死から1塁線を破るスリーベースを放ちチャンスを演出する。9番・高橋が三振に打ち取られ、絶好調の菊池のバットに期待がかかるも1塁フライに終わり得点できず。先制のチャンスを生かし切れなかった広島は、4回以降3塁を踏めずに終わった。

   サンチェスを攻略できないまま迎えた7回には「不運」な失点もあった。2死1塁の場面で2番手・中田廉(30)が炭谷銀仁朗(33)をセンターフライに打ち取ったと思われたが、高々と上がった打球は太陽と重なり、センター羽月が打球を見失い対応できず。打球は羽月の前に落ち、その結果、タイムリーとなって痛い追加点を許した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中