2021年 7月 28日 (水)

中山防衛副大臣「心はイスラエルと共に」ツイート 「政府見解と違う」指摘相次ぐも「個人の考えだ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

中山氏「混同をするようなことをやめて」

   中山氏は発言の修正などには応じない考えだ。中山氏は5月12日夕方、報道陣の取材に応じ、ロケット弾を発射した「ハマス」が、公安調査庁が発行する「国際テロリズム要覧」に「国際テロ組織」として掲載されていることを挙げながら、パレスチナ人とハマスを区別して理解すべきだと話した。

「私はパレスチナの方がテロリストだと書いたことは1回もない。私が申し上げたいのは、そういう混同をするようなことをやめていただきたい(ということだ)。日本の公安調査庁やアメリカが指定しているテロリストであるハマス、このハマスがミサイルを打っている。私がツイッターに書き込んだのは、こうしたテロリストをなくしてほしい、イスラエルという国は、そして日本であっても、テロから自国民を守る権利はあるのではないか、これをしっかりと訴えたいと思ったまで。パレスチナの一般の方は、テロリストに盾に使われている」

   この説明を踏まえても政府見解と齟齬(そご)がある点には変わらないが、中山氏は「政治家としての、個人の考えだ」と述べた。

   加藤勝信官房長官は5月12日夕の会見で、

「個人のツイッターでの発言だと承知しているので、その意図を承知しているわけでもない。コメントは差し控えたい」

と述べるにとどめた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中