2021年 6月 24日 (木)

阪神熊谷「神走塁」で逆転勝ちも... 微妙な接触プレーに虎党モヤモヤ「ケガなくてよかった」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球の阪神は2021年5月13日、甲子園球場で中日と対戦し2-1で接戦を制した。

   阪神は2回に中日・木下拓哉(29)のソロ本塁打で先制を許すも7回2死から同点に追いついた。8回にはサンズ(33)がレフトスタンドに叩き込み勝ち越し。最後は守護神スアレス(30)がきっちり3人で締めくくった。チームはこれで貯金を「15」とし、2位巨人とのゲーム差は3.5となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「神走塁」熊谷は今季盗塁成功率100%

   1点ビハインドの7回、2死から阪神が粘りを見せた。

   代打・原口文仁(29)が好投を続けていた中日先発ロドリゲス(24)から四球を選び出塁。ここで阪神ベンチは熊谷敬宥(25)を代走に起用した。ロドリゲスは熊谷の足を警戒し2度けん制を入れたが、直後の初球に熊谷は見事に盗塁を決め2死2塁とチャンスを広げ、同点の機会を演出した。

   このチャンスに近本光司(26)がセンター前にタイムリーを放ち熊谷がホームに生還。6回までロドリゲスに無得点に抑えられていたが、熊谷の足を突破口に同点に追いついた。今季5度盗塁をしかけ全て成功させている「神走塁」に虎党は熱狂するも、その一方でインターネット上では「ケガがなくてよかった」と安堵の声も上がった。

   熊谷が盗塁した際、ベースカバーに入った中日の遊撃手・京田陽太(27)が一塁よりに体を構えたためベース手前で熊谷と接触。幸い熊谷に負傷はなかったようだが、虎党がヒヤリとさせられた場面だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中