2021年 6月 25日 (金)

M-1最高得点「コーンフレーク」はどう生まれた? 本人明かす誕生秘話に「鳥肌立った」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   お笑いコンビ「ミルクボーイ」が、2021年5月17日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に出演。彼らの代名詞ともいえる漫才「コーンフレーク」ネタの誕生秘話を明かした。

   「ミルクボーイ」といえば、2019年に開催された漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で優勝。その時、1本目に披露し、史上最高得点を獲得したネタが「コーンフレーク」だった。

  • 「ミルクボーイ」の2人が明かしたネタの誕生秘話(写真:Pasya/アフロ)
    「ミルクボーイ」の2人が明かしたネタの誕生秘話(写真:Pasya/アフロ)
  • 「ミルクボーイ」の2人が明かしたネタの誕生秘話(写真:Pasya/アフロ)

ネタの原型ができるまで

   「コーンフレーク」ネタとは、「駒場さんのオカンが好きな朝食(コーンフレーク)の名前を忘れた」という設定で、オカンが話していたヒントを元に、駒場さんと内海さん2人で正解を当てるというもの。

   番組で2人が明かしたところによれば、この原型が出来たのは2017年。当時はオカンではなく駒場さん自身が忘れたという設定だったが、若い駒場さんが好きなモノを忘れるというのは無理があると考え、2018年に「オカン」に変更したという。

   大きな分岐点となったこの路線変更に対し、お笑いコンビ「オードリー」若林正恭さんは「リアルタイムな試行錯誤があったんだね」とし、伊集院光も「1個のネタが出来ていくまでがスゴイ」と感心する。

   それから、忘れるモノを「そば」「滋賀県」など試すも、どうもふんわりしてしまったり、関西色が強く地方ではウケなかったりと、なかなかうまくはいかない。そこで2人は、全国区しかも老若男女に伝わるモノを探そうと、芸人仲間とともに全国ツアーを開始する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中