2021年 6月 17日 (木)

宮脇咲良、HKT卒業の「真相」明かす 「私の口から言ったことだけを信じてもらえると嬉しい」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アイドルグループ「HKT48」からの卒業を発表した宮脇咲良さん(23)をめぐる動きが活発になってきた。卒業記念のブックレット・グッズ販売など卒業コンサートの詳細が発表され、売り出し時にはウェブサイトがつながりにくくなるほどの盛況ぶりだ。

   卒業発表時にははっきりしなかった卒業理由も、ラジオ番組で少しずつ明らかにされている。今後挑戦してみたいことが見つかったとする一方で、自分がHKT48を離れている2年半に後輩が成長して活躍する中で、自分が復帰して「急に真ん中とか、目立つ場所に立っていいのか」といった葛藤があったことも明かした。

  • 宮脇咲良さんのHKT48卒業を記念して売り出される「SAKURA MIYAWAKI 『Graduation Visual Booklet』」。予約開始直後からウェブサイトにアクセスが殺到し、購入できない状態が続いた(c)Mercury
    宮脇咲良さんのHKT48卒業を記念して売り出される「SAKURA MIYAWAKI 『Graduation Visual Booklet』」。予約開始直後からウェブサイトにアクセスが殺到し、購入できない状態が続いた(c)Mercury
  • 宮脇咲良さんのHKT48卒業を記念して売り出される「SAKURA MIYAWAKI 『Graduation Visual Booklet』」。予約開始直後からウェブサイトにアクセスが殺到し、購入できない状態が続いた(c)Mercury

「私が2年半いなかった分、みんなが頑張ってくれてたのに」

   宮脇さんは5月15日の卒業発表で、

「この2年半、HKT48を見ていると、後輩たちの成長をとてもすごく感じて、とてもうれしく思って、次のステージにみんな進んでいるんだな、と感じました」

などと話したものの、卒業を決めた具体的な理由については言及してこなかった。5月19日深夜(20日未明)放送のラジオ番組「今夜、咲良の木の下で」(bayfm)では、卒業への思いがさらに具体的に語られた。宮脇さんは、卒業を「意識」した時と「決意」した時に分けて説明。前者については、AKB48グループでの活動は「夢をかなえるための通過点」だという伝統的な考え方を念頭に、

「48(グループ)にいつつ夢を探したい、という意味では、卒業は常に意識していたと思いますね」

などと話した。

   後者の「決意したタイミング」については、葛藤もにじませた。宮脇さんはグループを離れていた2年半の間も、HKT48の活動は詳細にチェックしていたという。後輩の田中美久さん(19)、運上弘菜さん(22)、松岡はなさん(21)がセンターポジションを務めていることを挙げ、そんな中で自分が復帰して「目立つ場所」で活躍することは不適切なのではないか、という思いを吐露した。

「みんなの成長を感じて、2年半こうやってHKTを盛り上げてくれて、支えてくれた後輩たちを見て、HKTは次のステージに進んでいるなと思ったし、ここでまた戻って、私が2年半いなかった分、みんなが頑張ってくれてたのに、『出しゃばり』じゃないですけど、前に立つのってどうなんだろう?って考えたんですよね。やっぱりこの2年半、HKTを支えてきたのはHKTのメンバーなので、2年半いなかったのに、急に真ん中とか、目立つ場所に立っていいのか...、みたいな葛藤もあったりして...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中