2021年 9月 18日 (土)

小学館「日本短編漫画傑作集」から「少女漫画」除外 異論相次ぐ...広報「女性差別や多様性否定の意図全くない」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   小学館が2021年6月30日に発売予定の「日本短編漫画傑作集」について、少女漫画が除外されているのにこの名前はおかしいと、ツイッター上で疑問の声も出ている。

   選者6人が全員男性であることにも、異論が多いようだ。どのような意図で企画したのか、小学館に取材した。

  • 傑作集をPRする小学館のコミック情報サイト
    傑作集をPRする小学館のコミック情報サイト
  • 傑作集をPRする小学館のコミック情報サイト

選者6人が全員男性であることにも、異論が多く

   傑作集は、全6巻あり、年代ごとに選び抜いた漫画短編が編集されている。例えば、第1巻は1960年代を中心に354ページを割き、手塚治虫、白土三平、平田弘史ら各氏の名作を収録した。1~3巻は6月30日、4~6巻は7月30日に発売を予定しており、価格はいずれも1680円(税込)。

   選者には、いしかわじゅん、江口寿史、呉智英、中野晴行、村上知彦、山上たつひこの6氏(五十音順)と、漫画界の大御所の名前がずらりと並ぶ。小学館のコミック情報サイトでは、「一筋縄ではいかない選者達がこれでもかと選んだ短編達。他ではなかなか見られない異本の漫画の多様性をお楽しみください」と傑作集をPRしていた。

   ところが、その概要が明らかになると、ツイッター上などでは、5月23日ごろから、タイトルなどを巡って疑問の声が書き込まれるようになった。

「オールジャンルなはずなのになんで当たり前のように少女漫画は除外されてるのか」
「だったら『日本少年・青年短編漫画傑作集』とか『日本短編漫画傑作集少年・青年漫画編』とかにすればいい」
「女性向け作品文化排除のもとに編まれる傑作集...」
「選者が全員男性って意味わからん!!」

   少女漫画が除外されていることに、同業の漫画家らからも、異論が出ている。

「女性差別や多様性を否定する意図は全くございません」

   これに対し、傑作集の企画段階から協力している雑誌「フリースタイル」の吉田保編集長が、ツイッターで説明に追われている。

   吉田編集長は、どこかに線引きが必要だったため、今回は、少年、青年漫画に絞ったと説明した。また、女性漫画家の短編は入れてあるとした。さらに、連作短編や東海林さだお氏のような「大人漫画」、「四コマ、一コマ漫画」は入れていないとし、「漫画全集の初の試みなので、至らぬ点も多々あるかと思いますが、お許しください」と理解を求めている。

   少女漫画が除外されていることについて、小学館の広報室は5月25日、J-CASTニュースの取材に対し、次のように説明した。

「少年漫画誌、青年漫画誌の経験の長い編集者が企画し、選者についてもその人脈でお願いしたため、今回は少女漫画を対象とすることができませんでしたが、収載している作品は傑作揃いと考えています。女性作家の作品も収載しており、女性差別や多様性を否定する意図は全くございません」

   また、今後は、少女漫画傑作選の刊行についても検討していることを明らかにした。

   ネット上でタイトルなどに異論が出ていることに対しては、「『少年・青年漫画の傑作選』であることを何らかの形で明示することも考えます」とした。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中