2021年 6月 17日 (木)

今夜見える「スーパームーンの皆既月食」何が起きる? 次回日本で観測できるのは12年後の貴重現象

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2021年5月26日夜、日本では2018年以来3年ぶりの皆既月食が観測される。20時11分頃から26分頃までの約15分間に発生すると予測され、26日夜の天候は本州・四国・北海道ではおおむね晴れ、九州・沖縄では雲が多いとの予報である。

   天候は悪くなく、観測日和となることが予想されるが、今回の皆既月食は、月が地球に近づいて大きく見える「スーパームーン」と重なった珍しい現象となる。だがそもそもなぜ、このような現象が起きるのか。

  • 前回の皆既月食とスーパームーンが重なった2018年1月31日の月
    前回の皆既月食とスーパームーンが重なった2018年1月31日の月
  • 前回の皆既月食とスーパームーンが重なった2018年1月31日の月

月は楕円軌道で公転する

   「スーパームーン」とは、一般的には1年のうち最も地球に接近した満月のことを言い、満月が大きく見える現象を指すが、実は学術的な用語ではないそうだ。天文関係の雑誌「星ナビ」編集部も25日の取材に、「学術的に定義されたものではなくて、地球と月の距離が最も近くなる満月をそう呼んでいるにとどまります」と答えている。

   月は楕円軌道を描いて地球の周囲を公転している。したがって地球と月の距離は一定ではないが、最短となる満月を「スーパームーン」と一般に呼んでいる。

   国立天文台の観測によると、2021年に地球から最も遠い満月の日は12月19日で距離は約40万6000キロ、5月26日にはこの距離は約35万7000キロになると予測される。この距離差で、大きく見える月を「スーパームーン」と呼ぶようになったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中