2021年 11月 29日 (月)

「外様集団」巨人に囁かれる限界説 天敵ソフトバンクとの差は「育成力」にあり

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球・巨人が2021年5月30日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)で4-3と辛くも逃げ切り、19年交流戦から日本シリーズ、オープン戦を合わせて続いていたソフトバンク戦の連敗を14で止めた。

   だが、手放しで喜べる内容ではない。巨人の7安打に対し、ソフトバンクは大きく上回る12安打。再三好機を作ったが、今季ワーストタイの13残塁と決定打が出なかった。ソフトバンクの拙攻に巨人が助けられたのが現実だろう。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

直接対決で浮き彫りになったチーム力の差

   巨人はエース・菅野智之、主将の坂本勇人、リードオフマンの梶谷隆幸が故障で戦線離脱していることを差し引かなければいけない。

   だが、ソフトバンクは巨人以上に主力を欠いている。

   エースの千賀滉大、4番のグラシアル、守護神・森唯斗が故障で登録抹消中。また、セットアッパーのモイネロ、主砲のデスパイネがキューバ代表として東京五輪米大陸予選に出場するためチームを離れている。サブマリン・高橋礼も不調でシーズン途中からファーム暮らし。

   両球団は飛車角抜きの戦力にも関わらず、直接対決で力の差を感じさせられた。

   ソフトバンクは28日の試合で4本のアーチを放って9得点。29日も5本塁打で8得点と空中戦で巨人に圧勝している。ソフトバンクの打者はフルスイングする姿が目立ったのに対し、巨人打線はフルスイングをさせてもらっていない。

   両チームの捕手の配球面が大きく影響しているように感じられたが、それだけではないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中